介護食作りインストラクター資格とは?

最短2ヶ月で資格取得可能な介護食作りインストラクターとはどんな資格?資格取得方法や活躍できるフィールドを紹介します

いま、大人の「学び直し」が注目されています。

あらたな資格の取得も、学び直しの1つです。

介護食作りインストラクター資格を取得すると、介護職のスキルアップや家族の介護食作りに役立つなど、活躍の場が広がります。

こちらでは介護食作りインストラクター資格について、活用できる職業や資格の取得方法などを紹介します。

介護食作りインストラクター資格とは

介護現場や家族の生活に役立つ、高齢化社会に求められる資格です。

かめない、うまく飲み込めないと言う悩みを持つ高齢者はたくさんいます。

高齢者の食の問題は年々増加しており、特に多い事故が誤嚥(ごえん)です。

また高齢になると、一般的に食事の摂取量が少なくなり、栄養不足となります。

介護食とは、そのような状態でもうまく食べられるように調理方法や柔らかさ、形状などを工夫した食事です。

介護食は、高齢者の健康維持に欠かせません。

高齢化が進む日本では、高齢者の健康を支える介護食の需要が伸びています。

こういった介護食の役割や、作り方に関する基本的な知識を持っていると証明されるのが、介護食作りインストラクターの資格です。

介護食作りインストラクター資格が活用できる職業

資格保有者は介護業界を始め、幅広いフィールドで活躍できます。

例えば、以下の内容が挙げられます。

  • 高齢者向け介護施設での調理
  • グループホームでの調理と提供
  • 介護ヘルパーのキャリアアップ、他の介護ヘルパーとの差別化
  • 宅食などを手がける外食産業での調理
  • 外食業界でのキャリアアップ

また、資格取得後は「日本インストラクター技術協会合格認定証」が発行されるので、十分な知識や技術スキルを習得していることがアピールできます。

介護食作りインストラクターとして、自宅やカルチャースクールで講師としての活躍も可能です。

介護食作りインストラクター資格を取得する方法

介護食作りインストラクター資格を取得する方法

介護食作りインストラクター資格を取得するには、2つの方法があります。

1つは、日本インストラクター技術協会が実施する資格検定試験を受験する方法です。

もう1つは、通信講座を受講する方法があります。

通信講座は資格検定試験免除のコースも選べます。

まず、こちらが介護食作りインストラクター資格検定試験概要です。

受験料10,000円(消費税込)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
申込方法日本インストラクター技術協会の申込ページより

現在、試験は2ヶ月ごとに行われており自宅で受験ができます。

受験資格は特に設けられていないので、学習の場は自由に選択が可能です。

ただ、教材選びに迷うかもしれません。

次に、通信講座を受講する場合を紹介します。

講座を開講しているのは、「SARAスクールジャパン」と「諒設計アーキテクトラーニング」です。

どちらの講座も、隙間時間を活用して効率よく資格取得できます。

介護食作りインストラクター

介護食作りインストラクター資格を取得できる通信講座

介護食作りインストラクター資格を取得できる通信講座

通信講座を受講すると、短期間で効率よく資格取得が可能です。

試験内容に沿ったカリキュラムを採用しているため、資格試験対策として有効で、的を絞った学習ができるでしょう。

以下が、介護食作りインストラクター資格を取得できる通信講座です。

どちらの講座も資格試験が免除されるコースがあります。

試験が免除されるコースの選択により、最短2ヶ月で資格取得が可能です。

介護食マイスターW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニング」のカリキュラムは、1日30分程度の学習で初心者でも約6ヶ月で無理なく習得できます。

講座のテキスト、問題集や添削課題は、全てプロの先生によって監修されているので、初心者の方でも安心です。

こちらが、初期費用を抑えたい方向けの基本講座です。

対象となる資格介護食作りインストラクター介護食マイスター
受講料59,800円分割3,300円× 20回(初回4,276円)
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数5回

基本講座は、テキスト、問題集や模擬試験などの教材と、添削5回分がセットです。

学習の後、自分で検定試験を受ける必要があります。

もう1つは、すぐに資格を取得したい方や、確実に取得をしたい方向けのスペシャル講座です。

対象となる資格介護食づくりインストラクター介護食マイスター
受講料79,800円分割3,800円× 24回(初回3,891円)
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月)
添削回数5回+卒業課題1回

基本講座の内容に卒業課題1回分がセットで、卒業課題の提出にて資格取得が認定されます。

卒業課題1回の提出で、介護食作りインストラクター介護食マイスター2つの資格が同時に取得可能です。

資格試験対策の学習は必要ありません。

すぐに資格を取得したい方は、スペシャル講座を選ぶと良いでしょう。

介護食マイスターW資格取得講座

介護食資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパン」の介護食作りインストラクター講座は、初心者でも無理なく理解できるわかりやすい内容です。

テキストや問題集、添削課題は全てプロの先生によって監修されています。

こちらもコースは2つあります。

初期投資を低額で済ませたい方向けの基本コースの内容です。

対象となる資格介護食作りインストラクター介護食マイスター
受講料59,800円
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月) 
添削回数5回

基本講座は、テキスト、問題集、模擬試験などの教材と、添削5回分がセットです。

学習の後、自分で検定試験を受ける必要があります。

もう1つが短期間で確実に資格を取得したい方向けのプラチナコースです。

対象となる資格介護食づくりインストラクター介護食マイスター
受講料79,800円
受講期間6ヶ月(最短2ヶ月) 
添削回数5回+卒業課題1回

基本講座の内容に卒業課題1回分がセットで、卒業課題の提出にて資格取得が認定されます。

卒業課題1回の提出で、介護食作りインストラクター介護食マイスター2つの資格が同時に取得可能です。

資格試験対策の学習は必要ありません。

短期間で資格を取得したい方は、プラチナコースを選ぶと良いでしょう。

介護食資格取得講座

同時取得できる介護食マイスターとは

2つの講座とも、資格試験免除のコースを選ぶと、介護食マイスターの資格も同時に取得できます。

介護食マイスターは、日本安全食料料理協会の認定資格です。

資格を取得すると、介護食についての基礎知識、経管栄養や流動食などの知識を有していると証明されます。

資格取得後は、介護食マイスターとして福祉施設などで活躍できます。

介護食作りインストラクターと合わせて、名刺や履歴書に記載できる人気の資格を、2つ同時に取得できるのは大変な魅力です。

介護食マイスター

高齢者の生活を支える介護食作りインストラクターとして活躍の場が広がります

高齢者の笑顔と健康を支える仕事をしたいと言う方や、好きな料理を仕事にしたいと言う方は、介護食の資格を取得すると自分らしい活躍が可能です。

高齢者施設や訪問介護の現場はもちろん、インストラクターとして自宅やカルチャースクールで講師活動もできます。

広く活躍する自分の姿を想像して、検定試験の内容を確認したり、通信講座のホームページを検索してみて下さい。