スーパーフードソムリエ資格とは?

スーパーフードソムリエ資格の取得で仕事の幅は広がる?資格の取得方法と認定通信講座についても

食品や料理に関わる専門的な資格は、保有しておくことで日常生活における食事を豊かにするのはもちろんのこと、知識や技術が仕事に活かせることがあります。

スーパーフードソムリエ資格も、スーパーフードの効果を自分の日常に取り入れながら、様々な資格で知識が活きる機会がある資格の一つです。

ここではスーパーフードソムリエ資格について、資格取得後の仕事先や資格の取得方法などをまとめました。

スーパーフードソムリエ資格とは

スーパーフードから得られる健康・美容効果について、有効な取り入れ方の知識をマスターしていることを証明するのがスーパーフードソムリエ資格です。

生活と仕事の双方に活かせる知識や技術を証明する資格を取り扱う日本生活環境支援協会(JLESA)が発行しています。

資格取得後は、スーパーフードの健康・美容効果に携わる職業に就く際、知識の習得度を明らかにして、スーパーフードのエキスパートであることを示せます。

スーパーフードソムリエ資格が活用できる職業

スーパーフードソムリエ資格が活用できる職業

スーパーフードの知識・技術は食品加工や調理に活かせるのはもちろんのこと、健康・美容効果に着目して仕事に取り入れることもできます。

ここでは資格取得後に知識・技術が活かせる職業を紹介します。

食品メーカーの社員

食品メーカーの社員は、スーパーフードに含まれる栄養素に関する知識を活かせる職業です。

スーパーフードを原料とした商品開発を行う際に、個々の食品の特徴を理解した提案ができるため、マーケティングにおいても詳しい知識がある社員として重宝されます。

料理教室の講師

料理教室の講師は、スーパーフードの調理に関する知識や技術を活かせる職業です。

カルチャーセンターや自宅を勤務場所として、スーパーフードの栄養素を損なわない正しい調理方法やスーパーフードを美味しく食べられるレシピを教えていきます。

健康・美容系のインストラクター

健康・美容系のインストラクターは、スーパーフードが持つ健康・美容効果を運動や健康法などとあわせて活かせる職業です。

ヨガ教室やフィットネスクラブを勤務場所として、スーパーフードを普段の指導に取り入れたり、日頃の食事に関してスーパーフードを絡めた助言ができたりします。

スーパーフードソムリエ資格を取得する方法

スーパーフードソムリエ資格の取得方法は、発行元の協会が行う資格試験に合格するか、協会認定の通信講座で卒業課題を提出するかの2つから選べます。

資格試験は年に6回開催されていて、受験票や解答用紙が送られた後、自宅で問題を解いて返送用の封筒で送り返す形式になっています。

受験に必要な学歴や教材の指定などはなく、協会の公式サイトの該当する資格ページから申し込めば誰でも受験できる試験です。

受験料10,000円(税込)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上
申込方法協会の公式サイトの資格ページから

スーパーフードソムリエ

一方、協会認定の通信講座である「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」では、卒業課題付きの講座が用意されています。

この卒業課題を受講期間の最後に提出することで、資格試験に合格した扱いで関連する2つの協会から資格が同時に発行されるのです。

スーパーフードソムリエ資格の場合は、スーパーフードアドバイザー資格を同時取得することが可能であり、1回の卒業課題で2種類の資格取得が目指せる講座になっています。

スーパーフードソムリエ資格を取得できる通信講座

スーパーフードソムリエ資格を取得できる通信講座

2種類の資格が同時取得できる「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」では、資格試験に向けて学習できる講座も用意されています。

講座の受講料などの概要について紹介します。

スーパーフードアドバイザーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングでは「スーパーフードアドバイザーW資格取得講座」で、スーパーフードソムリエ資格向けの教材と卒業課題が用意されています。

基本講座の概要は以下の通りです。

対象となる資格スーパーフードソムリエ
スーパーフードアドバイザー
受講料59,800円
分割:3,300円×20回(初回4,276円)
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回

基本講座ではテキスト教材でポイントを押さえながら、提出する添削課題や試験前に使える模擬試験で知識を定着させていきます。

一方、スペシャル講座の概要は以下の通りです。

対象となる資格スーパーフードソムリエ
スーパーフードアドバイザー
受講料79,800円
分割:3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回+卒業課題1回(資格試験免除)

教材や添削課題は基本講座と共通していて、添削課題5回の提出が終わった後に卒業課題を提出できるようになっています。

2種類の資格を同時取得できる分、基本講座よりも受講料は高くなっていますが、複数の資格を保有しておくことで、知識の習得度に対する説得力が増すメリットがあります。

スーパーフードアドバイザーW資格取得講座

スーパーフード資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンでは「スーパーフード資格取得講座」で、スーパーフードソムリエ資格向けの教材と卒業課題が用意されています。

基本コースの概要は以下の通りです。

対象となる資格スーパーフードソムリエ
スーパーフードアドバイザー
受講料59,800円
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回

こちらの講座でも、教材や添削課題によって学習を進められます。

また、付属の質問用紙やメールを使えば、専門スタッフに無料の質問ができるので、教材や課題で疑問点が出てきたときにも解決できる環境が整っています。

一方、プラチナコースの概要は以下の通りです。

対象となる資格スーパーフードソムリエ
スーパーフードアドバイザー
受講料79,800円
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)
最短2ヶ月
添削回数5回+卒業課題1回(資格試験免除)

基本コースの内容に加えて、添削課題が終わった後に提出できる卒業課題が付いています。

講座の受講内容は、1日あたりの学習時間を増やせば卒業課題の提出も含めて最短2ヶ月で終了するため、早めに資格取得を目指す人におすすめのコースです。

スーパーフード資格取得講座

同時取得できるスーパーフードアドバイザー資格とは

卒業課題の提出で同時取得できるスーパーフードアドバイザー資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が発行している資格です。

JSFCAの資格は食品や料理のスキルを証明できる資格になっていて、この資格ではスーパーフードの基礎知識を持ちつつ、その知識を他人へ助言できる能力があることを明らかにできます。

スーパーフードソムリエ資格と一緒に保有しておけば、講師やインストラクターといった助言する機会のある職業で、より知識や技術を示せるようになります。

スーパーフードアドバイザー

資格の取得でスーパーフードのエキスパートとしての活躍を

スーパーフードエキスパートの資格は、スーパーフードを熟知している証明となり、取得後は食品メーカーや料理教室で知識や技術が活かせます。

また、スーパーフードの持つ健康・美容効果の知識があることで、ヨガ教室などのインストラクターとして活躍する道も考えられます。

スーパーフードソムリエ資格に興味を持った人は、協会の資格試験や認定された通信講座の公式サイトで資格の情報を確認し、取得への意欲を高めてみてください。