オーガニックフルーツソムリエ資格とは?

オーガニックフルーツソムリエ資格の知識を活用する職業とは?取得に関わる資格試験や通信講座の概要を確認

食品の知識や技術を証明する資格は美味しさや栄養を日常的に取り入れられるのはもちろんのこと、商品開発や販売など特定の職業で活用できる可能性を広げてくれます。

オーガニックフルーツソムリエ資格も果物の体系的な知識によって、日常生活と食品業界で活用できる資格の1つです。

ここではオーガニックフルーツ資格について、資格によって証明できる知識や活用できる職業、資格取得に関わる項目などをまとめました。

オーガニックフルーツソムリエ資格とは

果物の歴史や種類ごとの特徴など、果物の幅広い知識を身に付けた人物に与えられるのがオーガニックフルーツソムリエ資格です。

特定の食品の知識や技術に理解があると証明する資格を取り扱う日本安全食料料理協会(JSFCA)が発行しています。

資格取得後は果物が関わる職業へ就職する際に、履歴書や面接で自分の実力を示す材料として活用できます。

オーガニックフルーツソムリエ資格が活用できる職業

オーガニックフルーツソムリエ資格が活用できる職業

果物の知識や調理技術は食品業界が主な就職先になりますが、職業ごとに求められる能力は違ってきます。

オーガニックフルーツ資格の知識や技術を活用できる職業を紹介します。

食品メーカー・飲食店

食品メーカーや飲食店では1年の中で様々な種類の果物を使った商品や料理を作っていくため、果物について総合的な知識が求められます。

資格取得者であれば、季節に合わせた果物の選択や美味しさと栄養を兼ね備えた加工・調理を実践できる人物として活躍できるでしょう。

スーパーの販売員

スーパーの販売員では果物の魅力的な情報を伝えられるように、果物の旬や栄養素などのお客様の需要に応えられるような知識が求められます。

資格取得者であれば、お客様の質問への対応や店頭のポップ作成で必要な情報を記載できる人物として活躍できるでしょう。

料理教室の講師

料理教室の講師では自分の知識や調理技術だけでなく、生徒にわかりやすく教えられる能力が求められます。

資格取得者であれば、身近にある果物について保存方法や調理方法を初心者に寄り添いながら指導できる人物として活躍できるでしょう。

オーガニックフルーツソムリエ資格を取得する方法

オーガニックフルーツ資格の取得には2つの方法があります。

1つは協会が年に6回偶数月に開催している資格試験に合格する方法です。

試験開催月の1ヶ月前に公式サイトから申し込むことで、試験期間中に答案用紙が自宅に届けられ、在宅受験していきます。

受験資格は特に設けられていないので、試験範囲の勉強さえできていれば誰でも挑戦できる試験です。

受験料10,000円(税込)
受験方法在宅受験
合格基準70%以上
申込方法協会の公式サイトの資格ページから

オーガニックフルーツソムリエ

もう1つは協会が認定した通信講座で卒業課題を提出する方法です。

協会の認定通信講座は「諒設計アーキテクトラーニング」と「SARAスクールジャパン」の2つであり、それらの講座では卒業課題付きのコースが用意されています。

この卒業課題を提出すると講座内で取り扱う2種類の資格について、資格試験を免除して同時に発行されます。

オーガニックフルーツ資格の場合は果物インストラクター資格と同じ講座なので、1つの卒業課題から2種類のフルーツ資格を取得できる内容です。

オーガニックフルーツソムリエ資格を取得できる通信講座

オーガニックフルーツソムリエ資格を取得できる通信講座

認定通信講座には卒業課題付きのコースとは別に資格試験の合格を目指す人向けのコースもあり、教材は共通していますが受講料などの違いがあります。

認定通信講座で用意された講座の概要を紹介します。

オーガニックフルーツソムリエW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングでは「オーガニックフルーツソムリエW資格取得講座」が、オーガニックフルーツ資格の取得に関連する講座になります。

まず、資格試験向けの基本講座の概要です。

対象となる資格果物インストラクターオーガニックフルーツソムリエ
受講料59,800円分割:3,300円×20回(初回4,276円)
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)最短2ヶ月
添削回数5回

教材や練習問題で勉強を進めながら、5回の添削課題や模擬試験で知識が身に付いているかを確認していきます。

添削課題で間違った箇所は専門スタッフがコメントを付けるなど、勉強をサポートする環境も整っています。

一方、卒業課題付きのスペシャル講座の概要です。

対象となる資格果物インストラクターオーガニックフルーツソムリエ
受講料79,800円分割:3,800円×24回(初回3,891円)
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)最短2ヶ月
添削回数5回+卒業課題1回(資格試験免除)

卒業課題以外の教材は基本講座と同じ内容で、添削課題の終了後から卒業課題の提出が可能になります。

2種類の資格を同時取得できる卒業課題ですが、出題される問題は講座内で全て勉強できます。

試験免除できる課題でも極端に難しい内容ではないので、2種類の資格取得を目指す人は積極的に受講してみましょう。

オーガニックフルーツソムリエW資格取得講座

オーガニックフルーツ資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンでは「オーガニックフルーツ資格取得講座」が、オーガニックフルーツ資格の取得に関連する講座になります。

まず、資格試験向けの基本コースの概要です。

対象となる資格果物インストラクターオーガニックフルーツソムリエ
受講料59,800円
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)最短2ヶ月
添削回数5回

教材や添削課題の他にも専門スタッフに無料で何度でも質問できるサポートがあり、資格試験まで疑問を残さずに勉強できます。

一方、卒業課題付きのプラチナコースの概要です。

対象となる資格果物インストラクターオーガニックフルーツソムリエ
受講料79,800円
受講期間6ヶ月(1日30分の勉強想定)最短2ヶ月
添削回数5回+卒業課題1回(資格試験免除)

基本コースと教材の内容は共通で、受講期間の最後に卒業課題の提出が完了した時点で資格の発行が確定します。

受講期間は早ければ2ヶ月で終えることも可能で、資格試験に申し込んでから受験するよりも早い取得になります。

短期間で確実に資格取得したい人は卒業課題の利用がおすすめです。

オーガニックフルーツ資格取得講座

同時取得できる果物インストラクター資格とは

同時取得できる果物インストラクター資格は、日本インストラクター技術協会(JIA)が発行している資格です。

JIA資格は食品や心理など様々な分野についての知識を他の人に教えられる実力を示せる資格になります。

果物インストラクター資格の場合は、果物の栄養成分料理のレシピなど教える能力があると示せます。

オーガニックフルーツソムリエ資格と共に保有しておくと、就職する際の選考や面接で能力の高さをアピールできるでしょう。

果物インストラクター

オーガニックフルーツ資格から始める新しい活動

オーガニックフルーツソムリエ資格は、果物の幅広い知識を身に付けた人物と認められる資格です。

資格取得後は食品メーカー飲食店スーパーの販売員料理教室の講師として活動しています。

それぞれの職業で求められる能力は変わってきますが、資格から得た知識や技術は必ず役立つ場面があります。

オーガニックフルーツソムリエ資格に興味を持った人は資格取得に関わる試験や通信講座で確認しながら、将来的にどの職業で活動するか考えてみてください。