お菓子資格人気ランキング

お菓子

お菓子資格にも色々とあります。洋菓子を中心とした、食材や材料、道具や調理の方法、製法を周知した、他人にその作り方を教えたり、作り方のアドバイスなどが出来るので人気の資格となっています。

1位:製菓アドバイザー

1位:製菓アドバイザー

バターやチーズ、生クリームなどの乳製品、砂糖、チョコレート、ナッツ類、フルーツ、スパイスの他、小麦粉を中心とした製粉の扱いにも広い知識が必要となります。洋菓子の焼き方、成形、メレンゲなどの基礎的な調理法、ケーキの基本的な知識、焼き菓子、生菓子などの製法の違い、保存方法や洋菓子の装飾にも配慮した、プロフェッショナルな知識を必要とします。アドバイザーの活躍としては、製菓店を目指すための講師や、セミナー、あるいは製菓づくり教室などで活躍が期待できます。お菓子資格の製菓アドバイザー認定試験

製菓アドバイザー資格取得のメリット

製菓と呼ばれる、伝統的な洋菓子でも特に製品化され、手作り菓子とは違った焼き菓子や蒸したり、洋菓子のトッピングや飾り付け、色や形など、様々な種類や特徴を正しく覚え、他人にその評価を示したり、製菓の評価などを行えます。洋菓子作りに使われる卵、バターやチーズなどの乳製品、粉、砂糖、チョコレート、ナッツ類、フルーツ、スパイスなど、さまざまな材料について、種類や選び方、その材料を使った洋菓子に関する総合知識を学ぶことが出来ます。適切な調理、材料選びができることで、洋菓子を本格的に学びたい人や、将来、洋菓子に関する職業に就きたい人に向いている資格といえます。

製菓アドバイザーの仕事について

ポテトチップス、ポップコーン、チョコレート、アイスクリームなど、身近に手に入るお菓子の種類も広義においては、洋菓子にあたります。それぞれで専門の職人もいれば、パティシエのようなレストランに従事して菓子専門のシェフの存在もあります。こうした専門職の作る菓子の評価や、作られた菓子の歴史や文化背景を人に講義など、様々な形で周知したり、時には職人に製菓のアイデアや、新しい洋菓子の提案なども行えるような仕事を行うことが出来ます。

2位:お菓子作りパティシエ

2位:お菓子作りパティシエ

一般家庭が入手できる、菓子の材料の種類、家庭でも入手可能な材料や専門道具の知識、焼き方のコツ、メレンゲ作りのコツや、計量や混ぜるタイミング、あるいは材料の溶かし方などをアドバイスできます。
プロフェッショナルな調理器具や電化製品、オーブンを必要とせず、家庭でも可能なお菓子作りを提案できるインストラクターです。シフォンケーキ、ブラウニー、チョコレート菓子、ショートケーキ、クッキーなど、西洋の家庭的なお菓子の作り方も周知している必要があります。資格所得後は、料理教室、お菓子教室での講師、またセミナーでお菓子の作り方などを提供できることになります。お菓子資格のお菓子作りパティシエ

お菓子作りパティシエ資格取得のメリット

実際に自分の知りえた菓子作りの技術の腕前を、第三者の認定を受けることで、正しい評価を受けていることが証明されるため、信頼できる菓子作りの専門家として、お菓子作りの教室や、様々な洋菓子の講座を開催して、講師として活動する際に資格を提示できるメリットがあります。幅広い洋菓子の作り方に精通できる資格の一つです。お菓子作りに使う秤や泡だて器など道具類、型、オーブンの選び方と使い方を理解し、適切に使用することができる知識を持った方をお菓子作りパティシエとして認定する、 日本インストラクター技術協会などが認定している資格です。試験に合格することで取得でき、試験は偶数月に開催されています。

お菓子作りパティシエの仕事について

最初は友人や知り合いを誘っての身近なお菓子パーティーでその知識と技術を披露したり、ゆくゆくはお菓子評論家、あるいは新しいお菓子の開発やレシピの研究など、製菓業に役立つ知識として、この資格を活用することも可能です。更には、菓子店を経営したい人などに、技術的な支援をしたり、適切なアドバイスを行うことで、アドバイザーやコンサルタントにも、この資格は活用する事が出来ます。

3位:スウィーツ・スペシャリスト

3位:スウィーツ・スペシャリスト

果物から、洋菓子、和菓子に至るまで、メインの食事メニュー最後を飾るスウィーツの総合知識をもったことを証明する資格です。スウィーツの作り方、あるいはその歴史や使われる食材の特徴、あるいはメインとなる食事との組み合わせ、彩りなどの評価もできます。スウィーツ全般の知識を有するので、西洋料理の歴史や料理などの知識も必要となります。
また自分でもこうしたスウィーツを作れる技術を有している必要もあり、非常に多くの知識と技術を得ている必要はあるでしょう。資格所得後は、スウィーツを評価できる立場としてのアドバイザー、あるいは新しいスウィーツの提案なども出来る、スペシャリストとしての活躍が期待できます。

スウィーツ・スペシャリスト資格取得のメリット

お菓子づくりの基礎から、生地やクリームの作り方、デコレーションのテクニックまで身につき、パティシエ級に近い本格的なお菓子づくりの知識と技能を身につけた人に与えられる、スイーツのスペシャリストの資格です。専門家の指導により、初心者でもすぐに始められる講座等があるのが特徴で、一流パティシエの指導で、本格的な菓子作りが経験でき、資格所得でお菓子作りの仕事や、菓子に関する就業にも活用できる資格となります。スウィーツといえば、ババロワ、カップケーキやプリンやゼリーやケーキ類など、どれも分量、焼き加減、粉の混ぜ方や卵の分量、メレンゲなどのテクニックが必要となります。どれも初心者には、混ぜるタイミングも、生地の固さもわからないものです。更には、ショートケーキの元はホールケーキですので、ホイップクリームの自作などは、普通の人では難しいでしょう。スウィーツ・スペシャリストは、こうした知識と技術両方を有していることになります。

スウィーツ・スペシャリストの仕事について

トリュフ、ガトー・ショコラなどのチョコレート菓子まで、全40種類からの多数な洋菓子を作れるようになれる資格なので、趣味だけではなく、人に提供できる本格的な洋菓子の殆どを作れる、洋菓子職人のような技術職にも、将来就くことが可能となるでしょう。あるいは、独立して洋菓子店を視野に入れることも出来るかもしれません。

4位:スイーツコンシェルジュ

4位:スイーツコンシェルジュ

洋菓子を中心とした基本的な食材構成要素、卵や粉、クリームやチーズ、チョコレートの種類から、西洋果物の知識までも網羅した、スウィーツに関する教養があることを証明する資格となります。スウィーツの研究、スウィーツの種類や文化、あるいは歴史にも詳しい必要があり、資格所得後は、スウィーツ評論や評価などを行えます。
専門的なスウィーツ作りの道具や食材の知識もあるので、完成されたスウィーツの批評も正当性に評価される資格です。スウィーツのインストラクターでもあり、スペシャリストでもあるので、洋菓子全般における活躍の機会は多いといえる資格の一つでしょう。

スイーツコンシェルジュ資格取得のメリット

スイーツから広がる豊かな食文化を提案することができるスイーツのスペシャリストを養成するため、イタリア料理人や北里研究所病院 糖尿病センター長、菓道 一菓流 宗家家元などの役員が所属する一般社団法人日本スイーツ協会が検定試験を行っています。全国47都道府県でいつでも受験可能で、全国200カ所以上の試験会場でいつでも受験できるようになっています。

スイーツコンシェルジュの仕事について

世界の銘菓とスイーツ文化、洋菓子の分類、生地やクリームといった洋菓子の基本構成要素、製菓用語などを学んだ上で合格できる検定試験なので、スイーツに関するブログを書いている方や、お菓子・食材メーカーの商品開発に携わっている人、パティシエや製菓店販売員やフードスタイリスト、料理教室主宰など、様々な職種やプライベートでこの資格を名乗って活躍する事ができます。

5位:菓子製造技能士

5位:菓子製造技能士

国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事が実施する、菓子製造に関する学科及び実技試験に合格した国家資格です。菓子製造技能士資格を持っていないものが菓子製造技能士と称することは出来ないため、洋菓子製造業、和菓子製造業で独立して開業する、あるいは菓子職人、パン職人には必要となる資格となります。
洋菓子製造作業、和菓子製造作業ともに1級、2級があり、洋菓子では、4種類のビスキュイ・ア・ラ・キュイエールの製造及びデコレーションケーキの仕上げを、制限時間内で完成させなければなりません。和菓子は淡紅ぼかしじょうよまんじゅうの製造、練り切り製品(はさみ菊)の製造、羊かんの紋様埋め込み加工など、包丁の技巧も合わせて制限時間内に完成させる試験となります。パティシエの場合では、この有資格者の場合は、菓子製造において一定以上の技術を有しているとされるので、開業、就職ともに有利な条件となります。

菓子製造技能士資格取得のメリット

国家資格である技能検定制度の一種で、都道府県知事が実施する、菓子製造に関する学科及び実技試験に合格した者に与えられる国家資格です。技能を一定の基準によって検定し、国が証明する制度で、1959年に実施されて以来、現在120を超える職種について実施されている技能検定の一つで、職業能力開発促進法により、菓子製造技能士資格を持っていないものが菓子製造技能士と称することは禁じられているため、洋菓子製造作業、和菓子製造作業において、主に事業者では必須の国家資格となります。4種類のビスキュイ・ア・ラ・キュイエールの製造及びデコレーションケーキの仕上げを行う、洋菓子製造作業1級の技能試験や、淡紅ぼかしじょうよまんじゅうの製造、練り切り製品(はさみ菊)の製造、羊かんの紋様埋め込み加工及び扇形羊かんの包丁仕上げを行う和菓子製造作業1級などの実技試験があるため、プロとしての技術を身に着けていることが、国に認めて貰う形になります。

菓子製造技能士の仕事について

菓子製造の現場で働く中では、お客様が安心して食べられるお菓子を仕上げる技術を持っていると証明されていることになるため、菓子製造業に就職する際に非常に有利です。洋菓子店や和菓子店をはじめホテル、レストランやカフェなど飲食店で働く場合は、給与面でも待遇が良い場合もあります。

6位:製菓衛生師

6位:製菓衛生師

製菓衛生師法第4条第1項の規定に基づき、厚生労働大臣の定める基準を満たした製菓業者であるかを示す名称独占資格です。食品衛生法と同じで、衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生額、製菓理論、製菓実技の項目を満たす技術と知識が必要なります。この国家試験は、製菓衛生師法第4条第1項の規定に基づき、都道府県知事が行います。
調理師と同じで、製菓業者にとって必須の資格ではありませんが、衛生法に基づく運営が出来る証明でもあるので、事業者はまずこの資格は頭に入れておく必要があります。都道府県知事の指定する製菓衛生師養成施設で、1年以上製菓衛生師として必要な知識及び技能を修得するか、2年以上菓子に関する技能も含めた実務経験者が受験ができます。

製菓衛生師資格取得のメリット

製菓衛生師試験に合格した後、都道府県にある製菓衛生師名簿に登録され、製菓衛生師法に基づき、パンや菓子を製造するに当たって公衆衛生や製造者の資質向上などの管理責任者として、安全性の高い食品を作る資格となります。学校教育法第57条により、都道府県知事の指定する製菓衛生師養成施設で、1年以上製菓衛生師として必要な知識及び技能を修得した者が受験資格があります。
この資格を持っていなくても、パティスリーや菓子製造工場などで働くことはできますが、パティシエやパン職人、和菓子職人等、お菓子を作る仕事の求人に、製菓衛生師の資格を取得していることが条件になっている場合が少なくなく、またこの資格を持っていることで、製菓店を実際にスムーズに開業できるメリットがあります。

製菓衛生師の仕事について

都道府県知事が指定する専門学校などの養成施設に入学して、必要な技術や知識を得て受験資格を取得する他に、中学校卒業以上の学歴があり、パティスリーなどの菓子製造業で2年以上実務経験を積むことで受験資格を得られます。したがって、製菓の修行と経験が必須となるので、プロの菓子職人として仕事を本格的にすることが出来ます。
お菓子資格  お菓子資格

お菓子資格の学校について

最終的に自分が本格的に菓子職人や開業を目指すのなら、菓子製造技能士や製菓衛生師の資格は必須です。それ以外の場合でも、知識だけではなく、技術も必須の場合が殆どなので、実際に専門機関、専門講座を受講する必要があり、費用はそれなりにかかります。

お菓子資格の試験難易度

最も難しい試験は、菓子製造技能士の国家資格受検です。次に製菓衛生師で、どちらも一定期間の修行が必要となります。その他の試験は、講座を真剣に受講すれば、試験はそれほど難しくは無いでしょう。

お菓子資格の給料・年収

パティシエの初任給 初任給は月給15万〜18万円くらいが相場と言われ、年収は200万〜300万円くらいが一般的と言われています。一方製菓店を開業した場合は、立地と人気によりますが、雇用されるよりは、高い収益を得られる可能性があります。また講座やお菓子教室などは、1回の講座費用が平均7,000円前後なので、これも人気次第で収益性は高いものとなります。

お菓子資格取得後は

洋菓子、和菓子は人気があるものなので、資格所得後はやはりそれぞれで知識や技術を活用して、出来るだけ普及や周知に徹し、あるいは菓子を生業とした職業に活かすのが良いでしょう。

お菓子資格  お菓子資格

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    ハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    ハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用糸などを…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る