スポーツフード資格人気ランキング

スポーツフード

スポーツフード資格は、プロスポーツ選手や専門競技種目選手以外の一般のアスリート向けにも、食事の指導が出来る資格です。ダイエットにも応用が出来る、非常に幅広い知識を習得した資格を取得することが出来ます。

1位:スポーツフードマイスター

1位:スポーツフードマイスター

スポーツに関連する、筋力や体力、あるいは持続力を可能とする、ダイエット、減量、筋肉に必要な栄養学を基にした食事法をマスターした民間資格がスポーツフードマイスターです。総合的なスポーツ全般に必要な食事の効率良い摂り方や、食材の選び方、調理法、組み合わせなどに熟知し、栄養学や調理法を学ぶ必要があります。

また応用が効く分野のフードマイスターなので、幅広くセミナーや講座などで、この資格の有用性をアピールし、職業としてもトレーナーや選手以外の一般的なアスリートにも参考にされる知識をもった資格です。

スポーツフードマイスター資格取得のメリット

スポーツフードマイスター取得のメリットは、スポーツをする人々に対して、適切なスポーツフードを提供できることを証明してくれるところです。単純な栄養学とも異なる、それぞれのクライアントの身体状態やたしなんでいるスポーツを熟知したうえで、適切なスポーツフードを提供できる人材として、ピンポイントに証明してくれる資格は非常に貴重であるといえるでしょう。

スポーツフード資格のスポーツフードマイスター認定試験

スポーツフードマイスターの仕事について

スポーツフードマイスターの仕事は、身の回りのスポーツをしている人に対して、適切なスポーツフードを提案することにあります。スポーツ全般に必要な食事の摂り方や、効率の良い食べ方、食材の選び方など提案していきます。また、調理方法や組み合わせなども提案し、栄養学だけではなく調理法も教えていきます。ですので、スポーツフードマイスターの仕事と合わせて、スポーツジムに通ったり有効活用していく人が非常に多いです。スポーツフードマイスターの仕事大変活用します。

2位:アスリート栄養食インストラクター

2位:アスリート栄養食インストラクター

トライアスロン、フルマラソン、陸上競技や水泳、ややハードなスポーツの食事の栄養学を総合的に習得したことを証明する民間資格です。筋肉の発達に必要な糖や脂肪吸収、アミノ酸合成や消化の効率性などを考えた、適切な食材選びや、食材の栄養価で幅広い知識が必要となります。一般的な栄養学は生活の上で健康を維持するためのものですが、アスリート栄養食インストラクターの場合は、消化吸収やエネルギー変換効率などを考えた、食材一つ、飲料にも配慮が必要となります。

ミネラルやその栄養がどの様に身体に影響を与えるかなど、栄養価の比率も考慮した栄養学なので、専門性が高い民間資格です。食材のそれぞれの持つビタミン、ミネラルなどの知識、調理による栄養価の違い、消化吸収にも考慮した、アスリート向け、トレーナー向けのアドバイスが可能となる資格です。

アスリート栄養食インストラクター資格取得のメリット

アスリート栄養食インストラクター取得のメリットは、特に日々スポーツを生業としているアスリートに対して、適切なスポーツフードを提案する知識、そしてスポーツに対する造詣も有していることを証明してくれるところです。それぞれの選手に必要な栄養素を科学的に理解したうえで、それを充足するための適切なフードやサプリメントを提案できる人物は非常に貴重な存在といえるでしょう。

アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターの仕事について

アスリート栄養食インストラクターの仕事は、アスリート一人一人に寄り添いながら、その個人に適切なスポーツフードの摂取方法とそのフードを提案し、アスリートの健康を維持していくのが生業です。アスリート栄養食インストラクターの仕事は、消化吸収やエネルギー変換効率などを考えた、食材や飲料にも配慮が必要となります。ジムやサロンではもちろんのこと、スポーツ選手一人ひとりに対する管理が必要な監督業となります。コーチなどの職業と同時に、栄養管理としてこの仕事をする人も多いです。

3位:アスリートフードマイスター

3位:アスリートフードマイスター

アスリート向けの食事メニューを考えた、総合的な食事全般を考えことが出来る知識をもった、民間資格です。アスリートが自主的に栄養学の観点から、日常の食事メニューを考えられるように、様々なメニューの組み合わせ、あるいは調理法などの指導が出来ます。この民間資格は、アスリートのトレーナー向けにも有効な資格となります。

また、アスリートの場合、糖や脂肪は必ずしもデメリットにはならず、時には持久力や体力の維持、継続性に影響を与えるため、より効率よく、かつ通常よりもハイカロリーなメニューを必要とする場合があります。競技種目で上位を目指すアスリートには、非常に役に立つ情報と知識を提供できる資格の一つです。またもちろんトレーナーにとっても有益な資格です。

アスリートフードマイスター資格取得のメリット

アスリートフードマイスターは、スポーツをたしなむ人の中でも特にアスリートといったスポーツを専門的にする人に対して、栄養指導のもと適切なスポーツフードを提案できることを証明してくれる資格です。数多あるスポーツフードのそれぞれがどのような効果を持ち、どのようなスポーツをする人に適しているのかを熟知していると認定されるので、大変有意義な資格といえるでしょう。

アスリートフードマイスターの仕事について

アスリートフードマイスターの仕事は、日々アスリートに対する食事や栄養補給などの提案をしていくことにあります。ジムや学校などで専門的にスポーツをする人物と共に、適切なスポーツフードを提案し、スポーツ選手を育成していくメンバーとして心強い味方といえるでしょう。キャリアを積んでいくことで、より優秀な選手の体系づくりに貢献できれば、声が外からかかることも夢ではありません。

4位:スポーツフードスペシャリスト

4位:スポーツフードスペシャリスト

スポーツフードの総合的な知識と、食生活のバランスを考え、休日の食事法、減量中、あるいはトレーニング中の食事法などの理論的な知識を持つ民間資格がスポーツフードスペシャリストです。アスリート向けのプロテインや簡易的な食材などの、幅広い知識が必要となります。アスリートは、その種目の中でベストなタイム、記録を出す必要があるので、食事法も競技日程に合わせて、適切に食事メニューを変えていく必要があります。

様々なスポーツ用加工食品や、プロテインの効果、あるいは食材では生で直接食べる食材なども、対象となり、その幅はかなり広い、スポーツフードの専門家です。スポーツフードマイスター、スポーツフード栄養学などを同時に所得していることが、出来れば望ましいです。

スポーツフードスペシャリスト資格取得のメリット

スポーツフードスペシャリスト取得のメリットは、スポーツフードに関する奥深い知識を有していることを認定してくれることです。栄養学やスポーツにおける人体の生理学など専門的な分野の知識が必要な人物において、その橋渡しとなるべく、スポーツフードに関する相談を受けることができるというのは大変名誉なことであり、同時に大変需要のある資格であるといえます。

スポーツフードスペシャリストの仕事について

スポーツフードスペシャリストの仕事は、スポーツをたしなむ人、特に栄養的な観点から環境を整える必要がある人物に対して、適切なスポーツフードを選択するべく相談を受けたり、提案するものです。個人で仕事を取り、非常に活躍されている人もいれば、団体などに所属し、その知識を使って、無理なく科学的に選手を育成することもできます。

5位:スポーツフードアドバイザー

5位:スポーツフードアドバイザー

あらゆるスポーツ競技の中身を周知し、そのアスリート向け、競技に必要な筋力や体力、持続性をサポートする食事法を提供するアドバイザーが、スポーツフードアドバイザーです。

また栄養学、調理法、食材からスポーツ専門加工食品にも精通し、適切なアドバイスをそのトレーニング環境に合わせてアドバイス出来る民間資格です。調理法や食事の仕方、食材や栄養学の総合的な知識を必要とした資格となります。一般的なスポーツを行う人にも、アドバイスを行えるので、応用、活用の幅が広い資格の一つと言えます。

スポーツフードアドバイザー資格取得のメリット

スポーツフードアドバイザー取得のメリットは、スポーツフードに対して十分な知識を持ったうえで、他人に適切にアドバイスをし、相談者が適切な栄養補給および身体強化を促すノウハウを持つ人物を認定してくれるところです。ネットでも多くのスポーツフードが出回る中、適切なタイミングで適切な人物に適切なフードを提供することができるのは大きな一つの技術であり、スポーツ業界においては大変有利な資格といえるでしょう。

スポーツフードアドバイザーの仕事について

スポーツフードアドバイザーの仕事は、日々訓練に励むスポーツ人に対して、その人が本当に必要としているフードを提案することにあります。ジムやスポーツセンターなどで勤務する人もいれば、本格的な選手の育成を目指す人物もいます。監督やコーチといった役割の傍ら、この資格の知識とノウハウを使用する、サブのような使い方をする人も多いため、非常に用途の幅が大きいものとなります。
スポーツフード資格  スポーツフード資格

スポーツフード資格の学校について

スポーツフード資格の学校に関しては、現状では通信教育が主な舞台となります。専門資格として、スポーツインストラクターや栄養士といった資格が存在しますが、こうした資格とは別に、コーチや監督、選手ひとりひとりが習得することで非常に効果のある基礎的な知識を問うものが多く、需要としては大変有意義な環境下にあるといえるでしょう。

スポーツフード資格の試験難易度

スポーツフード資格の試験難易度は、そこまで高いものではありません。とはいっても、なめてかかると落としかねない、記憶力勝負であるところがあります。多くのスポーツフードを適切に理解し、必要な場所でアウトプットする必要がありますから、真面目に勉強すればするだけ効果的な資格のジャンルとなります。監督やコーチ、選手自身が学校に行かず、基本的な知識を身に着けることができるため、非常に取得しやすいといえるでしょう。

スポーツフード資格の給料・年収

スポーツフード資格を主として生活している人物はそこまで多くないため、統計的な数値が薄いですが、純粋にスポーツフードのみで年収を考えた場合、決してそこまで高いものとはいいがたいものがあります。多くの場合、インストラクターやコーチといった役割にプラスアルファとして取得する人が多いため、純粋な年収はアルバイト程度かもしれません。しかし、この分野で名が知れるようになり、個人で仕事を引き受けることができるようになるのであれば、また話は変わってきます。

スポーツフード資格取得後は

スポーツフード資格取得後は、多くの人はそれぞれの営んでいるスポーツにおいて、身近な人、自分の抱える選手、あるいは自分自身に対して、そのメソッドを適用していく人が多いでしょう。またインストラクターやコーチなど、選手を育成する人物にとっては、まさに資格取得次の日からが実践の日々となります。一方で、講演や個人で仕事をとってくる人にとっては、栄養学や生理学などの前提知識のほか、育成能力が優れているといった点があるでしょうから、こうした要素を駆使して、自分を売り込んでいくこととなります。

スポーツフード資格  スポーツフード資格

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る