出汁資格人気ランキング

出汁

毎日の食卓に並ぶさまざまな料理には、多くの出汁が使われています。出汁はその料理の味を深くすると共にうまみを引き出す素材として使われており、日本だけでなく世界の料理でも見られます。そんな出汁は隠し味となっていることも多く、専門的な知識があると特に飲食関係では重宝されます。ここでは出汁に関する資格をご照会していきます。

1位:出汁マイスター

出汁マイスターは、日本食に欠かせない出汁について総合的な知識を有していることを認定する資格です。出汁の取れるさまざまな素材や、その素材ごとの出汁のとり方、について詳しく知ることが出来ます。また、出汁に含まれている旨みについての科学的な物質を踏まえた深い知識と、それを有効に活用できる技術をあわせることで、どんな出汁でも自在に使いこなすことができる人材として活躍できます。

試験は自宅で実施することができるのでとてもリラックスしながら、家庭での出汁を片手に勉強ができます。また、2ヶ月に1回試験があるなど非常に頻度が高いため、自分のスケジュールと合わせて受験でき、忙しい人でも諦めずに資格取得までこぎつけることができます。

インターネットから申し込みができるのでとても手軽ですね。前提資格も必要ありません。資格取得後は、その豊富な出汁の知識をもとに、本格的な日本料理屋をはじめとする飲食店で働いたりtキャリアアップが望めるほか、出汁に関する専門の講座を自宅や公民館などでレクチャーするなど講師活動を精力的にこなすなど、夢があります。

2位:健康出汁アドバイザー

健康出汁アドバイザーは、出汁に関するさまざまな知識とともに出汁と人間の人体について十分な知識があることを認定する資格です。基本的な出汁をとることのできる食材実際の出汁のとり方や料理のレシピはもちろんのこと、出汁による健康効果や実際の効能を科学的かつ医学的に学ぶことが出来るため、より深く出汁の有効利用を学ぶことが出来ます。

また、実際に紹介されるレシピも健康によいものばかりであり、近年話題となっている生活習慣病をはじめとする慢性疾患になりがちな偏った食事にならないような工夫がされており、生活の改善にも役に立ちます。
試験は全体の70%を取得することで合格できるので、比較的やさしい水準であるといえるでしょう。前提資格も必要なく、誰でも受けられるのはとても親切です。また試験をインターネットから気軽に申し込み、実際の受験は自宅でできるなど、無駄に労力を使わず自然に資格を取得できる配慮があるのはうれしいところです。

資格取得後は、飲食業界での就職やお店での更なるキャリアアップはもちろんのこと、その健康と絡めた出汁の効果を踏まえ、市民講座でレクチャーをするなど、非常に高齢化で健康志向のニーズにマッチした活動が可能です。

3位:だしソムリエ

だしソムリエは、正しい出汁の知識を得て、より普段の生活の質を向上していける人材を認定するための資格です。普段から料理に興味のある人だけでなく、何らかの食品関係の資格をお持ちであったり、実際の料理人である人、また食品メーカーなどで製造にかかわる人など、幅広く食品に関係した仕事を持つ人を対象としています。

主に日本で古くから使われているかつお、昆布、煮干を中心に、正しい出汁の取り方やより効果的なだしの製造法、含まれる栄養、旨みの正体のほか、出汁のブラインドテイスティング、実際の出汁をつかった料理の紹介など、実際の講座で深く学んでいくことが可能です。試験は1日講座を基本としており、申し込んで実際に講座を受講することで、認定がもらえる仕組みとなっています。

だしソムリエは3段階に分かれており、2級では広く乾物を中心に、1級では主に出汁を料理で生かすセンスについて学ぶことが出来、それぞれの級において前提条件がないために3日間で1級まで手早く知識を固めることが可能です。資格取得後は、だしソムリエとして実際の料理に従事するのに箔がついたり、製造業や飲食店のスタッフとしても信頼されるキャリアアップが望めます。また、その幅広くかつ深い知識を生かして講師活動などをする人もおり、多様なキャリアが望めます。

4位:かんぶつマエストロ

かんぶつマエストロは、日本の古くからの伝統食品であるとともに、健康や長寿の性質も持つ乾物に関して、その種類や特産地などを踏まえて知識を踏まえている人を認定するものです。干ししいたけやかんぴょうといった一般的なものから、こんぶ、鰹節とつづき、ドライフルーツなどの普段意識しないようなものまで非常に広く知ることが出来ます。主に乾物のすばらしさを広める役割を担う人材を育成することに重きを置いていることで、興味のある方は誰でも受験することができます。

試験は初級、中級、上級の3種類があり、初級からでないと取得できないようになっています。中級、上級と進むには、それぞれ下位の資格取得ガ条件となっているため、体系立てて自分の知識を高めていくことが可能です。主にs2日間の集中講座であり、直接会場に足を運んで受講する必要があります。一流の講師陣からの専門的かつ正しいレクチャーにより、非常に効果的な習得が可能でしょう。

全7講義のうち5講義が必須となっており、最後に終了試験に合格する必要となります。中級以上はレポートの提出が必須となるためハードルがあがります。資格取得後は、その生の知識を現場でふんだんに生かすことが可能であるほか、講師として活動していくことも出来るため、継続して上級まで受講する人は非常に多いようです。
出汁資格  出汁資格

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る