塩資格人気ランキング

塩

塩は私たちの生活の中で大切な栄養素として知られています。人間の身体をつくるには必要不可欠である一方、健康に塩を摂取するには分量や身体への影響といった知識も必要となります。近年では、WHOにより塩分の摂取量の規定がされるなど、健康と密接に関係があることが示唆されており、専門家による塩の正しい知識と使い方が注目されています。ここでは、塩に関する資格をランキング形式でご紹介していきます。

1位:美塩ソムリエ

美塩ソムリエは、塩にまつわる深い知識を有していることを認定する資格です。塩は昔から私たちの生活には必要不可欠であり、香辛料のひとつとして、広く交易の中心にある品物でした。塩の歴史や地方ごと国ごとの塩の違いを細かく知ることで、より深く生活を考えることが出来るようになります。また、塩が人体に及ぼす影響、動物や細菌と塩、浸透圧や塩分濃度といった科学的な観点からの知識も確実に学ぶことで、単なる文化理解だけでなく、実践的な塩の使い方を学ぶことができます。
資格はインターネットから申し込むことができ、自宅で受験できますから、とても勝手がよいのが魅力的です。試験回数もかなり多いですから、自分のタイミングで学習をはじめるタイミングや受験の時期を決めていきましょう。資格取得後は、塩を普段から使っている飲食店で貢献できるのはもちろんのこと、健康的な観点に着目し、身体によい生活や食習慣を、塩を基点に構築することを目的とした講師活動や、自宅で身体によい塩の使い方をレクチャーし、料理を教えるといったキャリアまで、幅広く対応することができます。

2位:食塩アドバイザー

食塩アドバイザーは、塩を使った料理について深い知識を持つ人を認定する資格です。塩を使うさまざまな料理や、その際に塩が身体にもたらす影響を学ぶことが出来ます。また、普段目にする減塩製品の基準や具体的な食品の塩分量を計算する方法など、非常に普段の生活と密着した技術を学ぶことができるのが特徴です。塩を軸として、多くの食材の取り扱い方、調味料の掛け合わせ方など、塩を意識し有効に作用するよう普段の食事を整えていくことができるようになります。
試験は2ヶ月に1度という頻度で行われているため、決してあわてる必要はありません。着実に知識を習得できる時期を見計らって、受験する時期を決めていきましょう。受験自体は自宅で実施できるため、リラックスして望めます。全体の7割というボーダーラインも親切な設定といえるでしょう。資格取得後は、さまざまな飲食で塩の知識をもとにキャリアアップが図れるほか、塩に特化したカルチャースクールでの講師活動も魅力的です。特に近年では高齢化や慢性疾患との関係が指摘される塩分ですから、若年層だけでなく高齢者に対しても十分に応用が利く資格です。

3位:ソルトマイスター

ソルトマイスターは、塩に関するさまざまな知見や効果的な知識を総合的に学び、その知識を使って正しい塩の使い方の普及に貢献できる人材を育成します。食塩という物質の基本から、食塩が使われているさまざまな料理、そして食塩が人体に及ぼす影響などを、確かな知識を元に学習していくことができます。理事を務めているのが、さまざまな分野の世界的な専門家であり、最新の知識を元に食文化を形成していくことが可能となります。
資格は3段階に分かれており、ソルトマイスターとなるには、前提条件のソルトベーシッククラスで塩に関しての基礎的な知識を養う必要があります。ソルトマイスタークラスは、塩に関する基礎的な知識を収めた上で、さらに上位のプロフェッショナルソルトマイスターの下で修練を積み、推薦をもらっている料理人、また塩に関する研究に携わる方を対象に認定している高度な資格です。そるとベーシッククラスの中で優秀な成績を収めることでも得ることができるとされています。

4位:塩マイスター

塩マイスターは、塩に関する正しい知識で美と健康を目指す足がかりとして普及している資格です。塩という成分は化学式では解明されているものの、まだその正確なところは未解明のままであるとされており、現時点で判明している塩に関する正しい知識を養い、身につけることができます。最終的には、塩に関する正しい知識を伝道できる指導や資格認定の際に認定要員としての活躍が期待できます。
資格は特に前提条件を必要としておらず、誰でも受けることが出来ます。

特に塩に関して専門的な知識を用い、専門家として活躍することを念頭に塩マイスターは設立されており、比較的新しい資格です。2日間の集中コースにより、ソルト医学や食品学、セラピーなどを受講する必要があります。また、沖縄での塩作りに関する実地研修もあるなどかなり大掛かりな資格といえます。取得後は、塩マイスターの店として上位クラスの店を展開したり、講師活動が期待できます。また、日本健康長寿応用医学会に出席できる得点やWebショップでの割引などを受けることが出来ます。

5位:塩ソムリエ

塩ソムリエは、塩を正しく使う知識により、さらに料理をおいしく健康に気をつかうことができる知識と技術を習得することが出来ます。また、健康面では、エステや入浴法における塩の効果的な使い方も学習でき、生活全体をとおして塩とのかかわり方をよりよくしていくことが可能となります。

資格は、1日の集中講座で開催されており、塩の歴史や西方、美容健康、選別ポイント、生活、など総合的な塩の知識を習得できます。資格取得後は塩ソムリエの肩書きで活動でき、さまざまな塩に関する講師活動が可能です。また、ソルトバンク事業への参入のほか、日本健康長寿応用医学会の出席権やWebショップでの割引の得点があります。
塩資格  塩資格

関連記事

職業一覧

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

    日本茶セレクターとは? ふだん何気なく飲んでいるお茶ですが、もとは貴族や僧侶などごく限られた人たち…
  2. 温泉資格

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

    温泉観光アドバイザーとは? 温泉の人気はいつの時代も衰えることがありませんね。人気の理由は何と言っ…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る