手作りパン資格人気ランキング

パン資格

手作りパン資格は、普段自宅や趣味で楽しんでいる手作りパンの知識やノウハウを認定してもらうことが出来、さらに実際に飲食業で働く際にも大きく貢献できるため、大変人気な資格のひとつです。しかし、資格と一口に言っても大変な数があり、選ぶ際にも大変苦労します。ここではそんな手作りパンの資格をランキング形式でご紹介します。

1位:手作りパン健康ソムリエ

1位:手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエは、日本だけでなく、世界中のパンに関する知識とその製法や分類、材料、パン作りの基本や道具といった、パンにまつわるあらゆる知識を広く習得していることを認定する資格です。それぞれの項目に対して、かなり突っ込んだ知識やノウハウが問われ、証明としてもかなり有用な資格です。
資格取得後は、飲食関連の職業に従事する際、パンに関する知識を習得していることをアピールできるほか、普段からパン作りにかかわっていることを証明できるため、自宅などでも知り合いや友人を誘って、パンを中心としたイベントを開催することができます。インターネットからの申し込みで簡単に受験予約でき、自宅から回答できるので、忙しい方にもオススメな資格です。パン作り資格の手作りパン健康ソムリエ認定試験

手作りパン健康ソムリエ資格取得のメリット

パンの歴史、日本のパン、世界のパン、パンの材料、パンの製法とその分類、パンの作り方やパン作りに使う道具などに関する、あらゆる知識を有している事を、特定の団体や協会などの認定・検定試験で合格すると所得できる資格が手作りパン健康ソムリエです。飲食関係の他に、お米を使ったパンから、惣菜パンの手作りなど、商品の開発や、オリジナルなパンの製造に関わる事が出来、パンの総合的な評価も出来る、非常に人気の資格です。手作りパンを上手に作るためには、基本となる最終発酵、焼き上げの温度管理などで、数多いコツをつかむ必要があります。道具は、近年流行りだした手作りパンが出来る家電を使わず、イースト菌による自然発酵における温度管理や、強力粉も全粒粉など種類があるので、技術的に時間も手間もかかるものです。特に発酵は低温では効果はないので、湿度と温度管理が重要となります。

手作りパン健康ソムリエの仕事について

手作りパン健康ソムリエの仕事は、様々なパンの種類、材料、風味などの細かい味や食感の評価や、そのパン利用した料理の種類、手作りパンを毎日の食事に取り入れる工夫やアイデアの発案などが出来るので、自らオリジナル・パンを作ってレシピや作り方を紹介したり、様々なパンの種類、食パン、フランスパン、クロワッサンや揚げパン、エッグベネディクト、エンパナーダなど、その特徴や作り方に精通した知識を有して、他人に指導したり、アドバイス、コツや味、風味などをわかりやすく解説できる評論家や、講師、執筆などで活躍する事ができます。

2位:パン・ベーカリーアドバイザー

2位:パン・ベーカリーアドバイザー
パン・ベーカリーアドバイザーは、パンの種類や製法にまつわる知識だけでなく、特にパン作りのプロセスに関する知識を持っていることを証明してくれる資格です。種類ごとの製法の違いや発酵の詳しい手順などを細かく習得している必要があります。
習得後はその製法に特化した知識を活用して、自宅でパンの教室を開催したり、本格的なパン作りに踏み込んだりする足がかりとして利用することができ、将来パンにまつわる職業に従事しようと考えている人にとっては非常にメリットのある資格です。半年に一回試験が開催されているため、時期を選ばず自分のタイミングで受験し、資格を取得することができるのは、非常に優しいです。パン作り資格のパン・ベーカリーアドバイザー

パン・ベーカリーアドバイザー資格取得のメリット

あらゆるパンの製造法、素材選びや保管、種類に精通しているため、ベーカリー経営などの根幹にあたる技術や知識を有していることになるのがこの資格です。つまり、パン屋などを経営するにあたり、パン作りの基礎を学ぶことになるため、経営アドバイスや、一般の方に対して、様々なパン作りを教える立場になることが出来ます。パンの種類や製法に関してあらゆる知識を有し、かつ実践的なパン作りの手順やポイントについての技能を有していることを証明さら資格所有者が、パン・ベーカリーアドバイザーです。ベーカリーを起業して独立したい人や、パン作りに関する道具や器具の扱い方、オーブンや焼き窯などの設備についても詳しいことが求められます。パンには、小麦粉、水、塩、酵母で作られる他に、油脂が少ないパンとして、バゲットやカンパーニュ、ライ麦パンなどのリーン系と呼ばれる、主菜として食べられるパンや、副材料である砂糖、卵やバター、乳製品などを使用した、おやつや食事のサブメニュー、副菜として食べられる種類があります。ベーカリーは、こうしたパンそれぞれの製造に精通している必要があるため、パン・ベーカリーアドバイザーは、パン屋を開業したい人にも適切なアドバイスが出来ます。

パン・ベーカリーアドバイザーの仕事について

ベーカリー経営の技術的アドバイスや、パンに関する講座や教室で講師として働ける他に、知り得た知識で技術と経験を積んで、資格所得者自らがベーカリー店を経営したりすることも可能となります。またしっかりした知識を活用して、SNSで各ベーカリーなどの評価をしたり、紹介や普及活動にも貢献できます。既にベーカリーを経営している方に対しては、知識と技術の両方でアドバイスが行なえ、パンの普及活動にも貢献できます。

3位:おうちパンマスター

3位:おうちパンマスター

おうちパンマスターは、普段自宅でパン作りに従事している人や知識を勉強したり身につけてはいるけどいまひとつ生かせないと悩んでいる人に対し、正しい知識を認定しつつ、その知識と技術を使って主体的に活動が出来るようにしていく資格です。
友人やパン作りを習得したい人を集めて講座や教室を開くことも出来ますし、学童や保育園などでの実演といった具体的な道が開けることでも大変な人気があります。レシピも充実していますから、自分のレシピだけでなく、紹介レシピを使ってレパートリーを増やせるのも大きな特徴です。受講料を入金すると、テキストなどを手に入れることが出来すぐに始められる手軽さが魅力です。

おうちパンマスター資格取得のメリット

講座では、生地をこねるのに時間が掛からず、作業台が汚れない、冷蔵庫でゆっくり時間をかけて発酵させるので、発酵する時間を気にせずに、好きな時にパンが焼けるなど、独自のパン作りを教えています。パン作りの当たり前の工程を出来るだけ簡略化し、毎日飽きずにパン作りを楽しむことができるので、家庭で焼いて楽しむのはもちろん、講座で入手したレシピでパン教室などを資格所有者が開くことが出来ます。初心者向けのレッスンとして、レシピを実際のパン教室などで利用できるのが、非常に効率的に活用する上で有利な資格となります。特にパン作り初心者には非常にわかりやすい講座の一つで、本格的な特別な専門設備を使わず、家庭にあるもので技術を応用できるので、ごく普通の主婦層の方たちにも人気の講座となっています。

おうちパンマスターの仕事について

誰でも未経験からスタートできるパン作りを手軽に身近なものにしてもらいたいという願いを込め、お菓子・パン材料・ラッピングの通販サイトcottaのパートナー教室である、minnaで2016年5月にスタートした新しい資格名です。「まるで米を毎日とぐように、パンを日常的に気軽に主食として当たり前にしたい」と、おうちパンマスター認定資格をしています。子供に手作りのパンを食べさせたい、パン教室を主宰していて、初心者向けの新しい講座を開設したい、ボランティアで、学童や保育園で子供達にパン作りを教えたいなど、様々な人に相応しいパン作りを学びたい人に向いている資格です。自身の教室やボランティアでパン作りの普及活動に貢献したり、自宅で気軽にパン作りをしながら、SNSでレシピを公開したり、1ランク上の資格であるシニアおうちパンマスターの資格を得て、自分でパン教室を開いて、その教室からおうちパンマスターを輩出したりもすることが可能となります。

4位:パンアドバイザー

4位:パンアドバイザー
パンアドバイザーは、普段からパンを食べることが大好きな方、将来はパンにまつわる仕事に従事したい方似たいし、パンの基礎知識を学びつつ、TPOにあったパンの選び方ができるアドバイスができる人材を育てる資格です。また、普段からパン作りに従事している方、商品開発をしている方に対しても、より幅広いビジョンが描けるような証明になるとして、有用な資格です。
資格はコースに分かれており、それぞれ実地で実際のパンを食べ比べながら知識をつけていくことが出来ます。また資格取得後は、生活者の視点にあったパン作り、パン選びができるようになり、そのスキルをもって講演会や教室、現在従事している仕事に生かしていくことができます。

パンアドバイザー資格取得のメリット

粉や酵母の種類、こね方、作る時の温度や時間が変わることでパンの仕上がりにどのような違いがでるのか、基礎知識が身につきます。他にも、パンの歴史、特定原材料や味期限と消費期限の違いなどのパンの表示についての知識や、パンの味や評価を記録し、パン好きの仲間同士で情報交換をするなど、食べ比べや、写真・文章での表現の工夫なども学べることになるのが、パンアドバイザー資格取得のメリットです。日本野菜ソムリエ協会認定などの資格で、「パンを食べる」全ての人を対象とした、パンに関する知識を身につけ、パン食文化の発展に尽力する人として、パンのある暮らしの楽しさ、魅力を社会に幅広く伝え、提案できる資格として日本野菜ソムリエ協会などが運営する、パンアドバイサーコース全てを全4回中3回以上出席することで認定試験を受けることが出来ます。パンは何でできているのか、どうやって作られているのか、原料と製法について学び、実際にパンの食べ比べをしながら、自分自身の「おいしさ」の基準をみつけるために、協会オリジナルのパン記録帳「モン・カルネ」を記入し、、食べたパンの情報を整理し、味・香りなどの感想を文章にすることで豊かな表現方法を身につけ、パンの豊かな知識を身に付けることが出来ます。

パンアドバイザーの仕事について

ベーカリー販売者、パン教室主宰者、商品開発担当者、営業職、レストラン、カフェ経営などで資格を活用でき、ブロガー、雑誌編集者、食関連ライター、パン教室主催者や料理講師などでは、話題や情報を提供するなど活動の範囲が広がります。また座学による講座が主な場合が多いため、しっかりパンについて学ぶことが出来、パンを通じた幅広い活動が可能となります。

5位:パンコーディネーター資格

パンコーディネーターは、パンに関する深い知識を習得しつつ、ニーズや状況に合わせておいしく食べることのできるパンをアドバイスする人材を認定するものです。知識習得において、この資格ではパンの知識を体系的に学ぶことが出来、深く応用の利く知識が身につくのがポイントです。資格取得後は、具体的なパンを主体とした商品開発やメニュー開発に携わることを想定しており、まさにプロフェッショナルとして活躍することができます。資格取得は、申し込み形式の講座となっており、3日間の講座の後認定試験を受けることで晴れて資格が認定されます。また、一番下のパンコーディネーターのほか、エキスパート、アドバンスとさらに上位資格が用意されており、どんどんとスキルアップしていけるのも魅力的です。

6位:パンシェルジュ検定

パンシェルジュ検定は、基本的なパンの製法や実際に使う器具、材料といった基本的な技術をはじめ、さまざまな文化の中で発展してきた世界中のパンと衛生管理について幅広い資格をもつ方を認定するものです。資格はテキストが別売りで売られているために、それを購入して知識を深めていく形態をとっています。また、通信講座ももっているため、忙しい方は自宅で知識を深めることが可能です。実際の試験はWEB上から申し込むことができ、試験会場でテストを受験し合格すると、晴れて認定となります。
資格取得後はパン教室を主宰したり、パンに関する講演会やイベントに従事したりと幅広い活躍をしていくことができます。
手作りパン資格  手作りパン資格

手作りパン資格の学校について

専門口座による座学などの他に、通信教育も中にはありますが、
やはりパン作りは実技で技術を学ぶのが重要となるため、より詳しくパン作りを講師指導で実体験しながらの座学で学ぶ方が、資格所得には有利です。

手作りパン資格の試験難易度

ほぼ、どの講座も基本技術や知識を推し量る意味での最終試験が、そのまま認定試験になっているため、試験の難易度は、学ぶ時間がある程度かかる上では、それほど難しくありません。殆どの場合、合格率は高いので、資格は最終試験でそのまま貰える形になります。

手作りパン資格の給料・年収

ベーカリー店の経営では、立地条件次第なところがありますが、街のパン屋として定着すれば、収入は安定するでしょうし、パン作りの講師や普及に関しては、需要は常に高いものがあるので、収入も一定、得られる可能性が高いでしょう。

手作りパン資格取得後は

ブロガー、雑誌編集者、食関連ライター、パン教室主催者や料理講師などの他に、自宅でパン作りをするオリジナルレシピを考案するなど、幅広い応用が可能となります。ベーカリー販売者、パン教室主宰者、商品開発担当者などでも資格をつかって仕事に活用できるでしょう。

手作りパン資格  手作りパン資格

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る