発酵食品資格人気ランキング

発酵食品資格

日本は世界でもまれなほど、伝統的な【発酵食品】に囲まれた国です。何気なく使っているみりんやお酢も【発酵食品】の仲間。そのほか、ヨーグルトやキムチなど、海外の【発酵食品】も手軽に入手できるような環境にあります。【発酵食品】は、腸内環境を改善する「健康食品」なので、専門知識を学んで、ご自身や周りの方の健康を管理したい方が増えていますよ。今回は、人気を集めている【発酵食健康アドバイザー】【発酵食品マイスター】資格を中心に紹介していくので、受験しやすい機関を見つけてくださいね!

1位発酵食健康アドバイザー

1位発酵食健康アドバイザー

【発酵食品】は、お酢や味噌にはじまり、酒粕(甘酒)、キムチ、漬物など種類が多岐に渡ります。それぞれの食品に含まれる菌には健康効果があり、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定試験に合格すると、【発酵食健康アドバイザー】になれます。【発酵食健康アドバイザー】は、食育や健康、教育に関する仕事に関心の高い方に打ってつけで、仕事以外でも【発酵食品】をより良い形で生活に活かせますよ。発酵食品資格の発酵食健康アドバイザー

【発酵食健康アドバイザー】日本インストラクター技術協会(JIA)
費用:受験料10,000円のみ(税込み)
受験に必要な条件:なし
年齢制限:なし
受験地:日本全国(在宅受験)
URL:https://www.jpinstructor.org/shikaku/hakkousyoku/

発酵食健康アドバイザー資格取得のメリット

発酵食品や発酵食品を使った料理などに関する知識を有している方に認定される資格が発酵食健康アドバイザーです。発酵食品は大変他種類、海外から輸入された食品なども含まれ、多くの家庭で身近なスーパーやコンビニエンスからでも入手できます。また自ら家庭で手作りの発酵食品を作ることも出来、幅の広い食卓のメニューを彩る事ができます。美容に良い発酵食、減量や減塩、肥満防止に役立つ発酵食などを様々な世代の人にもその知識を広め、発酵食専門の知識を資格を通じて周知できるメリットが発酵食健康アドバイザーにはあります。

発酵食健康アドバイザーの仕事について

発酵食健康アドバイザーはそうした発酵食品を通じて、美容からダイエットに貢献したり、効果的な健康的食生活を提案する仕事などに活用できる資格となります。食についての講演会、セミナーの他に、著作物やインターネットのブログサイト、あるいはSNSでも、その知識を活用してアドバイスを行うアドバイザーとして、発酵食健康アドバイザーを名乗って活躍する事ができます。

2位発酵食品マイスター

2位発酵食品マイスター

【発酵食品】が複数あるのは、それぞれの食品や調味料に特定の菌が存在するためです。例えば、ヨーグルトは乳酸菌といった具合です。【発酵食品マイスター】なら、【発酵食品】の知識以外にも、自家製発酵食品の作り方などに精通していると証明できます。【発酵食品マイスター】認定試験を行っている日本安全食料料理協会(JSFCA)は、健康食に関連した「薬膳調整師」「マクロビオティックマイスター」「スーパーフードアドバイザー」などの認定試験も実施しているので、健康や美容に関心の高い方は受験や併願を考えてみてください。発酵食品資格の発酵食品マイスター認定試験

【発酵食品マイスター】日本安全食料料理協会(JSFCA)
費用:受験料10,000円のみ(税込み)
受験に必要な条件:なし
年齢制限:なし
受験地:日本全国(在宅受験)
URL:https://www.asc-jp.com/test/hakkou/

発酵食品マイスター資格取得のメリット

発酵と腐敗の違いや主な発酵食品とその違い、麹や菌の働き、発酵食品みりん、酢、味噌、鰹節、チーズ、ヨーグルト、酒粕、キムチ、甘酒などに関する知識、発酵過程の微生物の働きや有機物の美容・健康効果、身近な意外な発酵食品などについて詳しいことが求められる資格です。発行食品に関わる様々な分野に関して、深い理解と理解を有していることが求められます。発酵食品マイスターは、特に女性に関心が強い美容に関係する有機発酵食について詳しい専門家です。有機栽培した農産物(有機農産物)及び、それらから作られた食品の総称を「有機食品」と呼び、それら野菜などの食材から作った美容に良い発酵食品の食べ方、保存方法、調理への応用などを他人に教える事ができます。また発酵食品は消化不良改善などにも有効な食品となるため、禁煙ではヨーグルトなどの他に、納豆ダイエット、漬物の有効性など、様々な情報がメディアでも話題となっており、男女問わず人気があります。

発酵食品マイスターの仕事について

原則として農薬、化学肥料を使用しない栽培方法で3年以上経過し、堆肥などで土作りをした土壌で生産した、有機農産物を使った発酵食品を扱うので、美容の他に、アレルギーなどの持病に関して、影響の少ない発酵食を食卓に取り入れる方法や活用を、様々なメディアや講演やセミナーで他人に提案できる仕事に就くことが可能です。特に美容となれば、女性を中心に注目を浴びやすく、それだけ高い需要を期待することも可能となります。

3位健康食コーディネーター

3位健康食コーディネーター

【健康食コーディネーター】は日本健康食品科学アカデミーの資格で、別に通信講座で学習すると合格率が高まるとされます。推奨されるのは、学習後に受験料(7,000円)を支払い、検定試験を受ける方法です。資格取得後は、メーカーなどでも不足している、健康食品のプロ人材として活躍できます。

【健康食コーディネーター】日本健康食品科学アカデミー
受講費用、公式テキスト代など:9,325円~(税込み)
URL:http://jhsa.or.jp/hfc

健康食コーディネーター資格取得のメリット

食と健康は絶対に関係していることから、健康食コーディネーターは食育や、ダイエット、慢性病、成人病予防に貢献できる食事について、普遍的な提案やアドバイスを行える立場となります。主食、主菜、副菜などの、日常生活で欠かせない、普段の一日三食の食事メニュー、食材の何を取り入れ、何を改善すれば健康的な生活を送れるかを、数多い人に説明、解説しながら健康的な食事メニューなどを提案することが出来ます。食卓のコーディネーターの役割もあるので、幅広い日常生活の食事について、人々にアドバイスを行える立場となります。

健康食コーディネーターの仕事について

近年、注目されている健康食ブームに則り、様々な健康食のメニューを考案して、著作などの出版物の刊行、発酵食品などの紹介、メニューやレシピの公開など、有料、無料で、様々なサービスを通じて収益を上げることも可能です。食卓総合コーディネーターなど、独自に職種を作り出して活動しても有効です。人が健康な生活を送るために健全な食生活は欠かせませんが、厚生労働省や農林水産省から提唱されている「食事バランスガイド」にあるように、主食、主菜、副菜を基本にバランスのとれた食事と適度な運動が必要であり、健康食コーディネーターは、主食、主菜、副菜の食材や調理法を、健康に寄与するようにコーディネート出来、それを人に提案できる資格所有者ということになります。また主食、主菜、副菜を組みあせたレシピなども、自分で考案して発表するなど、様々な活躍が期待できるでしょう。

4位発酵マイスター

4位発酵マイスター

【発酵食品】のなかでも、日本の伝統的食文化に精通し、文化継承に関心のある方に適した内容になっています。【発酵マイスター】になると、料理教室や、味噌メーカー・酒蔵などで就職できますよ。管理栄養士や看護師にも人気です。【発酵マイスター】の養成講座を受けたあと、課題提出や資格試験の受験に進みます。

【発酵マイスター】一般社団法人 日本発酵文化協会
受講費用:140,400円~(税込み)

発酵マイスター資格取得のメリット

日本発酵文化協会などが認定を行っている、、味噌や甘酒、日本酒などを原材料として、日本の食文化を支える「麹」について学ぶなど、国内外問わず、発酵食材、発酵食品の知識を数多く得ていることを認定された資格が、発酵マイスターです。日本の伝統食品の中には、味噌や醤油も発酵食品なので、非常に日本食についても、詳しくその効能や製造についても詳しくなれます。「発酵マイスター検定制度」を世界で初めて立ち上げた日本発酵文化協会などでは、座学による講座などを通じて、わかりやすく様々な発酵食品の詳細を知り、それを自分や自分以外の他人に対して、その知識を活用し、世間の関心が高い健康食を提案する事が出来ます。総合的な発酵食の文化も知ることが出来、食生活をより豊かにすることに貢献が出来ます。

発酵マイスターの仕事について

各種講座などを受講して、それを記憶、記録しながら詳細に学ぶことで、発酵食品、発酵食材について詳しく人に教えることが出来るようになります。自分でも発酵食品の講座を解説したり、セミナーなど、様々な活躍の場が広がります。

5位発酵食スペシャリスト

5位発酵食スペシャリスト

【発酵食スペシャリスト】は、タカコ ナカムラ監修の講座で、オリジナルの「旨塩麹」や、調理のコツを習得できます。指導課題のついた通信講座形式で、この講座を修了すると、【発酵食スペシャリスト(通称:「醸(かも)しにすと」)に認定されます。

【発酵食スペシャリスト】ホールフード協会

受講費用:36,000円 ※認定証の発行は別途
いかがでしたか?【発酵食品資格】は、食材を準備したり、実習込みの通信講座や学習形式があるので、費用が高額になるケースが多いですが、良心的な価格設定で資格取得が可能な機関もあります。口コミ評判を集めている【発酵食健康アドバイザー】【発酵食品マイスター】なら、在宅受験が可能で、ご自身の力量で自由に開業したり、料理教室を運営できます。腕に自信のある方は、日本インストラクター技術協会(JIA)や日本安全食料料理協会(JSFCA)の【発酵食品資格】で実力を活かしましょう!

発酵食スペシャリスト資格取得のメリット

通信信教育の発酵食のスペシャリスト養成講座など、特定の講座を毎回受講し、 味噌、醤油、酢の基本調味料だけでなく、かつお節、ぬか床と身近に発酵食など、発酵・醸造について総合的に詳しいスペシャリストが発酵食スペシャリストです。発酵食について、その製造から発酵、醸造過程に至るまでを詳しく就学して学び、その知識を得ているため、発酵食品の開発や提案、あるいはセミナーや講座や、インターネットでの発酵食専門サイト運営や、著作物など、様々な活動をするメリットが発酵食スペシャリストの資格所得には、メリットがあります。

発酵食スペシャリストの仕事について

発酵食スペシャリストの仕事は、自ら講座やセミナー、著作物などで活動を通じて、発酵食を利用した健康法、減量やメタボリックシンドローム予防、肥満予防など、健康についての様々な提案をする職種や、講師としても活躍することが出来ます。
発酵食品  発酵食品

発酵食品資格の学校について

様々な団体や協会などで、通信教育の他に座学などで、講師からわかりやすく説明を受けながら、発酵食品の全てについて詳しく学べる機会は近年、健康食ブームから多くの一般の方でも需要が大きいいです。発酵に関する専門的な知識は、一般の大学講義でも、その一部分しか学ばない事が多く、発酵食品についても、メーカー以外は意外にあまり知られていないのが現状です。そのため、主婦層や介護、または医療関係者などでも、発酵食品の資格所得は注目されており、健康増進に非常に世間では関心が強いことが伺えます。

発酵食品資格の試験難易度

試験の難易度は、そもそも発酵食品や食材の種類、製造方法も多岐に渡るため、かなり覚える事が多く、試験はその記憶を頼りにするため、難易度は高めです。それなりに難しい試験・検定だと言えるでしょう。

発酵食品資格の給料・年収

甘酒作りの単発講座だけで、一人あたり約5,000円前後などが多いので、100人募集で埋まれば、単純計算で1講座50万の売上になります。著作物では、通常,出版物の定価に対して5~15%程度が部数に応じて支払われるので、自費出版でも人気が出れば、再販などで収入が増えます。

発酵食品資格取得後は

やはり、個人や協会や団体に所属して、講座やセミナーなど、何らかの講師活動や、教える立場として活躍したほうが有利となるでしょう。また介護や、医療現場で食事に関係している仕事をしているなら、この資格をスキルの一つとして評価を受ければ、報酬も高くなる可能性はあります。

発酵食品  発酵食品

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    ハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    ハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用糸などを…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る