食育資格人気ランキング

食育

食育資格について

食育とは、食生活を通じて人間として生きていくために必要な力を身につけることを指します。どんな人間でも欠かすことができない要素である食事は毎日の体を作り、生きていくための活力となるものです。そのため、バランスよく食事したり、体に良い食材を選ぶ力を身につけることはとても重要なことです。
そこでこの記事では、食育について学ぶ際に取得しておきたい資格をランキング形式でご紹介します。

1位 食育健康アドバイザー

主催団体:日本安全食料料理協会
受験資格:とくにありません。
受験料:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
合格基準:70パーセント以上の得点率
受験場所:在宅
食育健康アドバイザーとは、食育の基礎的・基本的な知識を有していると認定された人のことを言います。現在、食育基本法などを始めとして、海外でも食育に対する取り組みや食育と生活習慣病などとの関連性に関する知識のある人が求められています。この資格は、それらを有していることが証明されます。食育健康アドバイザーは、自宅やカルチャースクールなどでの講師活動もすることができるため、大変人気を集めている資格です。資格に関しては、受験資格は特にありません。受験料は10,000円です。インターネットからの申し込みが可能で、在宅受験ができます。合格基準は70%以上の評価で合格となります。
この資格は食育と健康について必要な基本的知識を身につけて他の人にアドバイスすることができる能力を証明します。家族のために取得するのはもちろん、自宅やカルチャースクールなどで講師として食育について伝えていくことができるのもオススメポイントです。

2位 管理健康栄養インストラクター

主催団体:日本インストラクター技術協会
受験資格:とくにありません。
受験料:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
合格基準:70パーセント以上の得点率
受験場所:在宅
管理健康栄養インストラクターとは、講師資格の一つで、インストラクター協会が認定試験を行っています。現在、多くの方が専門資格の取得を目指しています。その理由としては、健康管理栄養学が注目され始めたからです。この資格で最も評価されている部分は、勉強がしやすいという点です。取得難易度は低いものの、栄養素が持つ働きや人体に与える影響等、スポーツインストラクターに近い知識も必要とされる資格で、とても役に立ちます。また、一般的な資格と異なり、講師活動を希望している人が特に取得したい資格といえます。知識を身につけたい人だけでなく、人に何か教えたい人、健康や栄養に関することについて人に伝えていきたい人にもってこいの資格です。
ビタミンや栄養素、腸内細菌などについて基本的な知識を持っていて、それらが身体に及ぼす働きなどを知っていることを証明するのがこの資格です。食育に関して、様々な栄養素や食材、食品表示の見方などを知ることができるので正しい食事の知識を身につけることに役立ちます。

3位 食育インストラクター

主催団体:NPO法人日本食育インストラクター協会
受験資格:取得する級ごとに異なります。
受験料:1級10500円 2級5250円 3級6300円(協会会員の場合)
受験申し込み方法:インターネットから。
食育インストラクターとは食育に関する幅広い知識やその基礎が身についているかどうかを認定するための資格です。また、この資格は食育基本法に関わった資格のため、王道な食育資格といえるでしょう。取得人気も高い資格のため、取得後は幅広い分野での活躍が期待されます。この資格は、栄養士がさらに知識の幅を広げることや、スキルアップとして取得することもあります。教育現場や介護施設、福祉施設などで働いている栄養士も活躍の場を広げることのできる有効な資格です。
この資格は食育について基礎的なことから、さらに詳しい専門知識、自分でレシピを考案できる能力などを段階を経て身につけることができます。
資格には1級、2級、3級、プライマリーがあってそれぞれで必要とされる知識が違います。まだ自分の知識に自信のない方はプライマリーから、力試しがしたい方やスキルの証明が欲しい方はもう少し上の級にも挑戦できるのが魅力的です。それぞれの級ごとに受験資格が異なるのでご注意ください。

4位 食育アドバイザー

主催団体:一般財団法人 日本能力開発推進協会
受験資格:とくにありません。
受験料:5600円
受験申し込み方法:インターネットから。
合格基準:70パーセント以上の得点率
受験場所:在宅
食育アドバイザーとは、食育に関する知識を持っていると認められた人に与えられる資格です。難易度もそこまで高くないため、女性にも人気のある資格です。食の安全に関する問題や食品の栄養学をはじめ、食材の使い方や調理方法、食事からの健康法など、食に関するあらゆる知識を持っていなければならず、取得後はそれなりに自信を持つことができます。また、食を通してのコミュニケーションや家族・友人などの健康管理をはじめとし、病気の症状に対するメニューの提案なども行うことができるのです。食の洋食化が進んだことで、日本人の健康に影響を与えている原因の一つだと言われているため、食育を通して和食の良さを再認識するのもいいことです。
食育アドバイザー資格は食育に関して知識を持ち、それを生かして食育活動をすることができる能力の証明となります。教育や医療、福祉関係の仕事の方は仕事に生かすことができますし、今後飲食業界で働く方にもオススメです。指定された通信講座を受講して全てのカリキュラムが終了した後に在宅で受験可能なので知識に心配のある方でも無理なく学びながら資格取得を目指すことができます。

5位 食育メニュープランナー

主催団体:NPO法人みんなの食育
受験資格:とくにありません。
受験料:23000円
受験申し込み方法:インターネットから。
合格基準:特に試験はありません。
受験場所:在宅
食育メニュープランナーは、年代や体調に合った献立を提案し食べる事の楽しさや大切さを伝えていく資格です。一汁三菜を基本としており、四季折々の食材を活かしたバランスの良い献立作り、学び、地域の食文化を継承していきます。人間にとって食べるということはとても大切な事で、食べることによって栄養を摂取し健康な身体を維持しています。誤った食生活や好き嫌いや偏食、生活習慣病、メタボリック・シンドロームなど病気につながってしまう事もあります。毎日の食事の積み重ねを通して心も身体も健康になることを実現していきます。食育メニュープランナーはNPO法人「みんなの食育」が主催している資格で、受験資格は特にありません。取得方法は、「みんなの食育」が主催する養成講座を受講するか、特定の通信講座の受講し、修了する事により取得できます。通信講座に関しては、実践課題レポートの提出があります。食の意識、食事の知識、食育の認識を理解しメニューを提供できる事を目標としている資格です。資格の内容は、食べた物が身体でどのように活かされるかなど身体の仕組みを理解する事や、食材を選ぶ力、食材の栄養や機能、献立の考え方など食に関する事を身につけます。食育の正しい知識を身につけたい人、食育指導をしたい人におすすめの資格となっています。
この資格は通信講座を受講することでカリキュラム終了後に資格を取得することができるようになっています。講座では体調やそれぞれの年齢にあった食育のメニューを提案することができる能力や健康づくりを自ら進めていくことができる能力を身につけるようになっているので自分自身の食事に心配がある方や家族の食事についてよりよくしたいと思っている方にもオススメです。

まとめ

食育は食への関心が高まり、健康的な生活について関心が集まっている現在、最近話題になっているジャンルです。自分自身の食事のことはもちろん、家族の健康を守る主婦の方にもオススメの資格がたくさんあるので、健康的な食事に少しでも興味のある方は是非どれか自分にあったものを選んでチャレンジしてみましょう。
食育  食育

関連記事

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. 刺繍

    刺繍資格人気ランキング

    刺繍は、若者から年配の方に至るまで、幅広く親しまれている趣味であり、またそれ単体で職業になる専門性も…
  3. ピラティス

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  4. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  5. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  6. ハンドメイド手芸

    クラフトハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    クラフトハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用…
  7. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
ページ上部へ戻る