和菓子資格人気の資格徹底比較

和菓子

人気 和菓子ソムリエ

和菓子ソムリエとは和スイーツに関する種類だけでなく、道具や材料、分類の仕方まで様々な知識をもっていることを証明した人を言います。近年、洋菓子も人気がありますが、和菓子も負けないぐらい人気があります。旅番組に出てくるスイーツはその土地のおいしい素材を使ったものが多いです。そんな全国各地の郷土菓子についての知識も必要となります。和スイーツを通して、文化や歴史にもつなげていきます。受験は誰でも可能です。男女関係ありません。また、受験は在宅ですることができます。受験の申し込みについては、インターネットからすることができ、申し込み先は「日本安全食料料理協会」ホームページとなっています。申し込みが済むと協会から受験票、試験問題、解答用紙、返送用封筒が送られてくるので、その時に受験料10,000円(税込み)も配達してきた人に支払うこととなります。申し込みをした時点で、試験期間が決まります。その期間内に好きな日にちで在宅受験を行います。合格は正解率70%で、通知の発送は翌月の20日です。

和菓子パティシエ

和菓子パティシエとは和菓子の文化伝統を広める人のことを言います。和菓子は、子供からお年寄りまで幅広い世代で愛されています。洋菓子よりも、甘さが控えめなので安心して食べられますし、品のある味わいは日本の伝統の味ともいえます。和菓子には、とても古い歴史があり、あまり知られていないことも多くあります。そんな和菓子の文化伝統を広めていくのです。この資格で勉強することは、和菓子に関する分野全般です。春夏秋冬の季節に合わせた和菓子を適切に選ぶ眼力と知識も身につけます。日本各地にある郷土和菓子について理解することや、日本文化にも精通し歴史的な要素についても理解します。飲食店やホテル、和菓子販売店などでもかなり重宝される資格です。和菓子パティシエの資格を取得するためには、幅広い知識を必要としますが、難易度はそこまで高くありません。和菓子が大好きな方、お菓子作りが得意な方、日本の伝統文化をもっと知りたいという方にふさわしい資格だと言えます。和菓子パティシエ認定試験の概要については、日本生活環境支援協会が主催し認定している認定試験となっており、受験資格は特になく、興味のある人は誰でも受験することが可能です。受験料は10,000円で、インターネットからの申し込みができます。さらに、在宅で受験ができる上に、試験日も隔月に行われているので、多忙の方や、時間がとれない方でも安心して受験することができます。合格基準は70%以上の評価です。将来、和菓子関係の仕事をしたい方や、個人的に和菓子に興味があり、知識を身につけたい方など、和菓子に関する資格が欲しいという方におすすめの資格です。

菓子製造技能士

菓子製造技能士は、和洋それぞれのお菓子の製作技能を有する人に与えられる資格です。職人の手により製作されたお菓子は、ただの食品という枠を超えており、芸術の域にまで達します。内容は、洋菓子製造作業と和菓子製造作業に区分されており、洋菓子の実技ではデコレーションケーキの仕上げなどで、和菓子の実技ではまんじゅうや練り切り製品の製造などを行います。1級の資格は7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上の実務経験が必要です。学歴により必要な実務経験年数が異なる場合もあります。2級の資格は実務経験2年以上で受験可能です。こちらも学歴により実務経験が不要になる場合もあります。金額は、学科試験が3100円、実技試験が16500円です。都道府県によって異なる場合がありますので、各都道府県での確認が必要です。

製菓衛生師

製菓衛生師とは、製菓衛生師の名称を用いて菓子製造業に従事する厚生労働省管轄の国家資格です。この資格は、年々受験者も増加しています。理由としては、製菓業界の中でも添加物チェックや製品の安全性の確保、貯蔵のための衛生面の管理・監督の必要性が高まってきているからです。取得後は、実力と資金があれば独立も可能です。教室の開講なども可能となるでしょう。また、製菓衛生師は講習会を受講しなくても食品衛生責任者になることができます。受験資格は、指定の製菓衛生士養成施設で1年以上勉強し、技能等を修得するか、中学校、外国人学校中等部卒業者で、2年以上の実務経験者です。

 

和菓子  和菓子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA