幼児食資格人気ランキング

幼児食

1位 幼児食マイスター

1位 幼児食マイスター

幼児食マイスターとは、子どもの成長に合わせて栄養バランスを考えた献立を作ることができる知識を持った人を言います。また他にも、離乳食から幼児食に変える時期や幼児食に向く食材、不向きな食材等、幼児食に関する知識を有する人です。蕁麻疹、赤み、かゆみなどの全身の皮膚への症状を起こすアナフィラキシー症状の予防・対策を理解していることから、適切な対処をすることができます。子どもの手づかみ食べ・遊び食べの克服するためのしつけもできる有効な資格です。子どもの身体の作りの知識を身につけており、脳や神経細胞の成長に合わせた食事や、骨や筋肉を成長させる食事を意識し、最適な環境を作ることが大切なこととなります。

幼児食マイスター資格取得のメリット

幼児食マイスター取得のメリットは、乳幼児が食する離乳食から一般の児童が食するのに好ましい食事を熟知しており、自らコーディネイトできる能力を認定してくれるものです。普段から乳幼児に囲まれた生活をしている方にとって、食事管理は非常に大切なものとなります。安全で健やかな発育を促す食事の専門家として、大変好ましい資格ということができるでしょう。

幼児食マイスターの仕事について

幼児食マイスターの仕事は、乳児から幼児までの発達段階に応じた食形態を、適切に食事メニューとして提案することにあります。このため、幼稚園や保育園などに勤める方が多いのも特徴です。また、幼児食に関する講演などでその知識を幅広く正しく知ってもらうことができるのもこの資格の大きな魅力といえるでしょう。

2位 ベビーフードインストラクター

2位 ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターとは、資格取得後に自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することができます。内容としては、子どもの成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解していると認められた人に与えられる資格です。春夏秋冬の献立や、キャベツやじゃがいも、れんこんなど幼児に与えるおすすめの食材を使用した献立、正月や節分、桃の節句、クリスマスなど行事に合わせた献立を考え、食事を作ることができます。エネルギーとなるもの(黄色)、身体をつくるもの(赤色)、 身体の調子を整えるもの(緑色) の三色の栄養素がバランスよく含まれている献立を考えることができ、幼児の体格、体質、運動量によって食事量を調整することが可能です。受験資格は得になく、受験料は10,000円です。申請はインターネットからの申し込みが可能です。合格基準は、70%以上の評価となっています。

ベビーフードインストラクター資格取得のメリット

ベビーフードインストラクター取得のメリットは、ベビーフードの種類やその作り方、乳幼児の発達段階に応じた食事形態を熟知しており、適切なベビーフードを指導できる能力を認定してくれるものです。資格取得者には、一般の成人の食事と異なり、固さや材料などにも気を使わなくてはいけないベビーフードの専門家としての活躍が期待されています。

ベビーフードインストラクターの仕事について

ベビーフードインストラクターの仕事は、主に個々の乳幼児の発達段階に応じたベビーフードを指導することにあります。幼稚園や保育園はもちろんのこと、学童や公民館など幅広い場所で活用している方がいます。また、具体的なつくり方からアドバイスまで総合的に面倒を見られる資格ですから、その知識だけでも講演やワークショップなどでビジネスとして活用する人もいます。

3位 幼児食インストラクター

3位 幼児食インストラクター

幼児食インストラクターは、幼児期に食べる“幼児食”に関するさまざまな知識を身につけ、困っている人や悩んでいる人にアドバイスできる人のことを言います。1〜6歳の幼児期は、身体や心の基礎を作り上げる大切な時期です。この時期は、食事が味覚だけでなく身体や脳の発達にも影響を与えるため、食がとても大切なのです。幼児食については、「これで合っているのだろうか」「どうしたらいいのだろう」と悩んでしまう人も少なくないそうです。 幼児食インストラクターは、そんな幼児期の食事について、栄養面や成長に合わせた献立の組み方など、幼児食に関する知識を身につけ、適切なアドバイスをすることができます。この資格は、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定しています。日本能力開発推進協会では、「幼児食インストラクター」の社会的地位やスキルの向上を目的として資格認定をしているため、資格を取得することで、仕事の幅が広がるメリットがあります。幼児食について学んで、困っている人へアドバイスをする立場を目指す人にはもってこいの資格といえるでしょう。

幼児食インストラクター資格取得のメリット

幼児食インストラクター取得のメリットは、乳幼児に対して個々の発達段階に応じた幼児食を指導するだけの基礎的な知識と技術を認定してくれるものです。非常に限られた期間ながら、その適切な食事形態がかなり様変わりする乳幼児においては、食事指導がとても大変なこともあり、非常に重宝される資格といえるでしょう。

幼児食インストラクターの仕事について

幼児食インストラクターの仕事は、普段から幼児食に触れる環境で仕事をすることとなります。具体的には、食事のメニューを決めたり、相談者に適切な食事形態やつくり方などを指導する役割を持っています。専門資格としてだけでなく、サブとしてこの資格を使用することで、乳幼児を相手にする職場においては大変心強いものとなるでしょう。

4位 幼児食アドバイザー

4位 幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザーは、株式会社日本フローラルアートが主催している民間資格です。歴史ある料理スクールとして知られる「赤堀料理学園」監修のカリキュラムを通して、幼児食の基礎や実践方法を学びます。

幼児食アドバイザーの資格は、「幼児食アドバイザー養成講座」を受講し、全6回の課題を提出・全ての課題に合格することによって取得することができます。この講座は、通信講座を主としているので、子育て中のママはもちろん、仕事が忙しくてスクールに通いにくい人にもおすすめの資格といえます。

幼児食アドバイザー資格取得のメリット

幼児食アドバイザー取得のメリットは、幼児食に関しての基礎知識、その作り方、材料など細かな成り立ちに関する知識を有していることを認定してくれるところです。さらに、アドバイザー資格として、困っている人にこうした乳幼児の食事に関するアドバイスをするだけの総合的な知識を有していることも認定してくれるため、かなり有用な資格といえるでしょう。

幼児食アドバイザーの仕事について

幼児食アドバイザーは、その仕事柄幼児の多い環境で力を発揮することもあり、学校関係や幼稚園、保育園などに勤める人物が多い傾向があります。普段の仕事の中で、こうした乳幼児や児童に対する食事指導をすることができるので、安全な生活を保障できるうえでも、職場で大変重宝されるのがよくわかります。

5位 子供食育健康管理コーディネーター

5位 子供食育健康管理コーディネーター

子供食育健康管理コーディネーターは資格を取得することで、食育に役立てることができるほか、料理教室などを開くことも可能な資格です。食育という点が昨今では注目を集めており、様々な面で資格を取得しておいて損はないと言えます。子ども食育健康管理コーディネーターの資格は、難易度が高くありませんが、食育や栄養学の基礎を学べるのは大きなメリットになる資格です。子ども食育健康管理コーディネーターの資格を取得するための講座については、基本的に通信教育で行われます。オリジナルのDVDとテキストによって学習を進めていきます。実技と理論の2つをカバーした実践的な内容が特徴です。受講期間は教材が到着してから5ヶ月以内となっており、仕事が忙しい人でも十分に対応できます。

子供食育健康管理コーティネーター資格取得のメリット

子供食育健康管理コーティネーターの取得メリットは、子供という存在に特化した栄養学を習得したうえで、個々の子供の発達段階に合わせた食事を提案できる力を有していることを認定してくれるところです。食事だけでなく、子供の発育と関連したスポーツとのかかわりも勉強し、健康で健やかな発達を促す人材としての活躍が期待されるものですから、子供の職場には大変好ましいものであるといえそうです。

子供食育健康管理コーティネーターの仕事について

子供食育健康管理コーティネーターの仕事は、主に子供がいる職場で効力を発揮します。学校や保育園などが主戦場であるのは言うまでもありません。また、給食の管理栄養士をはじめ、サブでこの資格を持つことで、より子供に特化したアプローチができるため、メインの資格と合わせて利用する人も少なくありません。
幼児食  幼児食

幼児食資格の学校について

幼児食資格の学校というのは、基本的には大学で栄養学を専門的に修めるか、専門学校で準ずる栄養士資格を取得するという観点では存在します。最もこれらは国家資格ですので、民間資格の学校というのは少ない傾向にあります。特定の団体が開催しているワークショップや講義に参加し単位を修得すると得られるものもありますが、ほとんどは通信教育が主力というのが現状です。

幼児食資格の試験難易度

幼児食資格の受験難易度はそこまで高いものではありません。一般的な大学レベルの勉強ができる人であれば、栄養学を中心にさまざまな形態、段階のベビーフードに関する知識と技術を身に着けるのは苦ではありません。特にこの分野では意欲をもって学ぶ人も多いため、合格率は高い傾向があります。ただ、記憶力勝負となるため、勉強が苦手な人は若干つらいかもしれません。

幼児食資格の給料・年収

幼児食資格の給料・年収は、そこまで高いものでなく、年収にして200~300万ほどが最もポピュラーです。国家資格の栄養士でもそこまで高くないため、このくらいのレンジになりがちでしょう。もっともメインの職業がある方は、さらに効果的な役割を期待されて給料が上がる可能性もあります。

幼児食資格取得後は

幼児食資格取得後は、ほとんどの方は幼稚園や保育園、スポーツの監督やインストラクターなどの職業の傍ら、こうした幼児食に関する知識を利用して、キャリアを磨いていくこととなります。一方で、この資格一本で講演などをされる方もおり、こうした方は個人でワークショップを開くなど、名前を売って活動していくこととなります。
幼児食  幼児食

関連記事

人気資格ランキング

西洋占星術資格人気ランキング
占い資格人気ランキング
パワーストーン資格人気ランキング
タロットカード資格・占い師資格人気ランキング
手相資格人気ランキング
夢占い資格人気ランキング
数秘術資格人気ランキング
レジン資格人気ランキング
ニードルフェルト資格人気ランキング
DIY資格人気ランキング
編み物資格人気ランキング
手作り石鹸資格人気ランキング
刺繍資格人気ランキング
食育資格人気ランキング
幼児食資格人気ランキング
スポーツフード資格人気ランキング
カクテル資格人気ランキング
マクロビオティック資格人気ランキング
ファスティング資格人気ランキング
スーパーフード資格人気ランキング
スムージー資格人気ランキング
ヨガ資格人気ランキング
筋トレ資格人気ランキング
タイ古式マッサージ資格人気ランキング
ピラティス資格人気ランキング
リフレクソロジー資格人気ランキング
ドッグトレーニング資格人気ランキング
ブリーダー資格人気ランキング
トリマー資格人気ランキング
カリグラフィー資格人気ランキング
漢方薬膳資格人気ランキング
発酵食品資格人気ランキング
手作りパン資格人気ランキング
お菓子資格人気ランキング
チョコレート資格資格人気ランキング
フラワーアレンジメント資格人気ランキング
キャンドル資格人気ランキング
インテリアデザイナー資格人気ランキング
カラーセラピー資格人気ランキング
子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
夫婦心理家族心理学資格人気ランキング
カフェ資格人気ランキング
ガーデニング資格人気ランキング
コーヒー資格人気ランキング
ハウスクリーニング資格・清掃資格・掃除資格人気ランキング
紅茶資格人気ランキング
風水資格人気ランキング
収納資格・片付け資格人気ランキング

職業一覧

  1. カリグラフィー

    カリグラフィー資格人気ランキング

    西洋や中東などにおける、文字を美しく見せるための手法がカリグラフィーです。現在では、ロゴデザインやフ…
  2. ピラティス資格人気ランキング

    ピラティス資格人気ランキング

    ピラティスの教室が多くなり、近年はアドバイザーやインストラクターの需要も増加しています。自分で教室を…
  3. 食育

    食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

    食育健康アドバイザーとは? 2005年に「食育基本法」が制定されてから、徐々に学校や家庭にも「食育…
  4. ワインソムリエ

    ソムリエ

    ソムリエとは・主な仕事内容 レストランなどで料理に合うワインの紹介やワイン…
  5. ハンドメイド手芸

    ハンドメイドマイスター・ハンドメイド

    ハンドメイドマイスターハンドメイドとは・主な仕事内容 毛糸や装飾用糸などを…
  6. カフェオーナー

    カフェオーナー

    カフェオーナーとは・主な仕事内容 カフェの運営・経営を行うのがカフェオーナ…
  7. インテリアデザイナー

    インテリアデザイナー

    インテリアデザイナーとは・主な仕事内容 住宅、店舗、オフィスなどの設計、デ…
ページ上部へ戻る