パティシエール

ケーキやスイーツなどの洋菓子を作る職人をパティシエと呼び、パティシエールはパティシエの女性形の呼称。パティシエはフランス語で「お菓子職人」の意味となり、お菓子を作る職人はすべてパティシエと呼びますが、日本では洋菓子の職人の事をパティシエといいます。
パティシエの多くはホテルのスイーツコーナーやレストランのスイーツ担当、ケーキ屋などで働いていますが、仕事の内容は店舗の規模によって大きく変わり、少人数の店舗であればパティシエが一人でスイーツの生地からデコレーションまでのすべての工程を手掛けますが、何人ものパティシエが働くような店舗では、スイーツの種類や製造工程別に分かれて、パティシエが生地担当、焼き担当、デコレーション担当のように担当を決めて作る場合もあります。
パティシエには、使用する材料、材料の分量、混ぜ合わせるタイミング、混ぜ方や焼き方などを常にレシピを確認しながらレシピに沿って作る事で、常に同じ味、同じ見た目で提供する技術と正確性が求められる仕事といえます。
また、手先が器用で繊細な日本人のパティシエには、独創的なスイーツや彩飾に凝ったスイーツなどで世界のコンクールで上位に入賞するなど、世界で活躍している有名なパティシエも多く存在しています。

パティシエールの働く業界

ケーキ屋、洋菓子専門店、ホテルのスイーツコーナー、レストランのスイーツコーナーなどで活躍をしていますが、独立して開業される方も多く存在します。

  • ケーキ屋
  • 洋菓子専門店
  • ホテル
  • レストラン

パティシエールになるには

パティシエールを目指すには、洋菓子を作る知識や技術を身に付ける必要があり、スイーツ専門の学校や調理学校などで知識や技術を身に付けて、ケーキ屋やスイーツ専門店などに就職するのが一般的です。

パティシエールの給料

  • 就業時間:180時間/月 ※就業場所によって異なる
  • 平均給与:16~18万円/月(初任給)
  • 男女比率:(男性)0:(女性)10 ※女性呼称のパティシエールの為

パティシエールに必要な資格・有利な資格・価値ある資格

パティシエールとして働く際には、特に必要な資格はありませんが、厚生労働省が認定する菓子製造技士や製菓衛生師などの資格を取得していると就職に有利でしょう。

パティシエールへの近道アドバイス

パティシエールになりたいなら、スイーツの学校や調理学校などで、知識や技術を身に付けてケーキ屋やスイーツ専門店などに就職するのが一番でしょう。

今業界で人気のパティシエール資格ランキング!!

  1. 菓子製造技能士:厚生労働省
  2. 製菓衛生師:厚生労働省
  3. 食品衛生責任者:福祉保健局

ワインハーブ資格取得の通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA