幼児食資格のおすすめ資格6選!受講期間・試験・費用すべて解説

幼児食

「幼児食に詳しくなるにはどうすればよいの?」
このような疑問を感じたことはありませんか?
毎日育児に奮闘している方にとって、子どもの食事は悩みの種になることが多いものです。
そこでおすすめなのが「幼児食資格」の取得です。
取得すると、子どもに栄養バランスのよい食事を提供できるほか、仕事にも役立てられます。
「でもいざ資格を取ろうと思ってもたくさんあってどれを取得すべきかわからず、取得方法もわからない」。
そんな悩みを持つ方のために、この記事では「幼児食資格おすすめ6選」「資格取得方法」「試験難易度・受験料」など幼児食の資格をご紹介します。
ぜひ自分にピッタリな講座を選んでください。

目次

1. 幼児食とは

「幼児食」とは、赤ちゃんが徐々に大人の食事に慣れるよう助けるための食事です。
赤ちゃんは母乳や粉ミルクを飲んで育ちますが、その後ほとんど噛まずに飲み込める「離乳食」に移行します。
さらに成長すると大人の食事と同じものを摂取する段階に入りますが、飲み込む力や噛む力が未熟な赤ちゃんは、いきなり大人のように食べることはできません。
そこで必要なのが幼児食です。
ドロドロの「離乳食」から「噛む」「飲み込む」などの動作に移行する上で、幼児食がよいステップとなります。
固形状で柔らかく潰しやすい幼児食は、食事の動作に慣れさせるだけではなく、さまざまな食材の味を体験させ、成長後の偏食を防ぐ上でも大切です。
最近は、栄養バランスを考えて作られた離乳食や幼児食のレトルトパックが販売されています。
種類が豊富で色々な料理を楽しめるのがレトルトの「幼児食」です。
既製品をうまく利用すると、栄養バランスの偏りを防ぎつつ、料理を作る負担を軽減できます。
幼児食資格取得の通信講座  幼児食資格取得の通信講座

2. 幼児食の資格おすすめ6選を紹介

幼児食の資格は子育て中の方だけではなく、保育園の調理師や栄養士の方にも役立ちます。
ここから幼児食のおすすめ資格6選を紹介します。
資格取得に興味のある方は自分に合った資格を探してみましょう。

2-1. ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは「日本インストラクター技術協会(JIA)」の認定資格です。
子どもの成長に合わせた食事に関する知識を熟知し、「季節ごとの献立」「おすすめの食材を使用した献立」「行事に合わせた献立」を考えて食事を作れる方に認定されます。
資格取得後は自宅やカルチャースクールなどで講師として活動できます。

2-1-1. ベビーフードインストラクター資格取得のメリット

「ベビーフードインストラクター」の資格を取得する過程で、「幼児食を作るポイント」「お子さんに必要な栄養」「食事をする上での注意事項」「喜んで食事ができる環境づくり」などを学べます。

2-1-2. ベビーフードインストラクターの資格取得方法

「幼児食マイスターW資格取得講座」
「幼児食について詳しく学び、資格を取得して仕事に就きたい」。
そんな方には通信教育で学べる「幼児食マイスターW資格取得講座」がピッタリです!
「諒(りょう)設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、自宅で幼児食について学びながら、就職や独立に役立つ以下の2つの資格をわずか2ヵ月で取得できます。
1.幼児食マイスター
2.ベビーフードインストラクター
講座には「通常講座」と「スペシャル講座」の2つのコースがあります。
通常講座:2つの資格試験をそれぞれ受験し合格することで資格取得
スペシャル講座:課題をすべてクリアし卒業すると、試験免除で2資格を同時取得
「諒(りょう)設計アーキテクトラーニング」の通信講座では、幼児食に関する基本的な知識が丸ごと自宅で学べます。

2-1-3. ベビーフードインストラクターの試験難易度・受験料

【試験詳細】
受験料:10,000円(税込)
受験申請:インターネットからの申し込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

2-2. 幼児食マイスター

幼児食マイスター

幼児食マイスターは「日本安全食料料理協会(JSFCA)」の認定資格です。
有資格者は「子どもの成長に合わせた栄養バランスのよい献立」「離乳食から幼児食に変える時期」「幼児食に向く食材・不向きな食材」など、幼児食に関する知識に精通していることを証明されます。

2-2-1. 幼児食マイスター資格取得のメリット

幼児期の子どもたちに毎日健康と成長を意識した食事を提供するのは重要です。子どもと関わる多くの職場では、幼児食の本格的な知識・技術の習得が必要とされます。
子どもに関連した就職先を考えるなら、幼児食マイスターの資格取得は有利になるでしょう。

2-2-2. 幼児食マイスターの資格取得方法

「幼児食資格講座」はこちら
幼児食に精通して仕事に活かせる資格を取得したい方には、通信教育で学べる「幼児食資格講座」がピッタリです!
「SARAスクールジャパン」の通信講座は、自宅で幼児食について学びながら、仕事で重宝する以下の2つの資格がわずか2ヵ月で取得できます。
1.幼児食マイスター
2.ベビーフードインストラクター
講座には「基本コース」と「プラチナコース」があります。
基本コース:2つの資格試験をそれぞれ受験し合格することで資格取得
プラチナコース:課題をすべてクリアし卒業すると、試験なしで2資格を同時取得
「SARAスクールジャパン」の通信講座では、幼児食について基本的な知識が丸ごと自宅で学べます。

2-2-3. 幼児食マイスター試験難易度・受験料

【試験詳細】
受験料:10,000円(税込)
受験申請:インターネットからの申し込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価
幼児食資格取得の通信講座  幼児食資格取得の通信講座

2-3. 幼児食アドバイザー

「幼児食アドバイザー」は「一般社団法人母子栄養協会」の認定資格です。
この資格は、1歳半から6歳くらいの子どもの食事の栄養バランスについて知識があることを証明します。
「食事作りの基礎から実践」「栄養学・生理学の基礎」「発育ステップごとの対応」「生活リズムのあり方」など、乳幼児の食事について幅広く学べます。

2-3-1. 幼児食アドバイザー資格取得のメリット

子どもの栄養バランスや好き嫌いなどにお悩みの方には、効率的な食事づくりのコツがわかり、自信がつきます。
保育士など子どもに関連したお仕事に従事している方であれば、取得することで幼児食に関して保護者に寄り添ったアドバイスができるようになります。

2-3-2. 幼児食アドバイザーの資格取得方法

協会主催の養成講座を受講後課題提出し、合格することで取得できます。

2-3-3. 幼児食アドバイザー試験難易度・受験料

【講座詳細】
受講料:41,000円(税込)
受験申請:インターネットからの申し込み
合否判定:約3週間で合否判定

2-4. 離乳食・幼児食コーディネーター

「離乳食・幼児食コーディネーター」は「一般社団法人日本味育協会」の認定資格です。
乳幼児の食と体の発達に精通し、発達段階にあった食事を効率よく作れる方に認定されます。

2-4-1. 離乳食・幼児食コーディネーター資格取得のメリット

「発達段階に合わせた食材選びと調理」「食べさせ方のポイント」「アレルギーの基礎知識」など、離乳食・幼児食に関わる幅広い知識が身につきます。
「子どもの食事は気になることが多い」と悩んでいる方も、食事づくりに自信が持てるようになるでしょう。

2-4-2. 離乳食・幼児食コーディネーターの資格取得方法

「生涯学習のユーキャン」の「離乳食・幼児食コーディネーター講座」を受講後、試験に合格することで資格が取得できます。

2-4-3. 離乳食・幼児食コーディネーター試験難易度・受験料

【試験詳細】
受講料:32,000円(税込)
受験申請:インターネットからの申し込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の正答
※受験料は受講料の中に含まれます。

2-5. 幼児食インストラクター

「幼児食インストラクター」は「一般財団法人日本能力開発推進協会」の認定資格です。
有資格者は「幼児食の基礎知識」「幼児期の発育・発達と食事の関わり」「子どもの成長に合わせた献立の工夫」「栄養素の基礎知識」「病気・食物アレルギーの対処法」などに精通していることを証明されます。

2-5-1. 幼児食インストラクター資格取得のメリット

幼児食の正しい知識と実践力が身につき、「遊び食べ」「好き嫌い」「小食・食べ過ぎ」「むら食い」「食物アレルギー」などに関する悩みを解消しやすくなります。

2-5-2. 幼児食インストラクターの資格取得方法

「資格のキャリカレ」の「幼児食インストラクター資格取得講座」を受講後、試験に合格することで取得可能。

2-5-3. 幼児食インストラクター試験難易度・受験料

【試験詳細】
受験料:5,600円(税込)
受験申請:インターネットからの申し込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

2-6. 子ども食育健康管理コーディネーター

「子ども食育健康管理コーディネーター」は「一般社団法人資格支援能力振興協会」の認定資格です。
子ども栄養学入門を基本理念とした「食育管理の基礎知識・技術」を取得したことを証明します 。

2-6-1. 子ども食育健康管理コーディネーター資格取得のメリット

子どもの栄養学入門から「食育」についての管理スポーツ栄養学まで学べるため、保育士やスポーツコーチなど子どもの教育に関わる職を目指している方におすすめです。

2-6-2. 子ども食育健康管理コーディネーターの資格取得方法

協会主催の「子ども食育健康管理コーディネーター資格取得講座」受講後、試験に合格することで認定されます。

2-6-3. 子ども食育健康管理コーディネーター試験難易度・受験料

【試験詳細】
受講料:48,000円(税込)
受験申請:インターネットからの申し込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70点以上の正答
※受験料は受講料の中に含まれます。

3. 幼児食資格取得者の口コミ

今回W資格を取らせていただきました。添削も返ってくるのが早く満足でした。そして二つの資格を同時に取れて満足です。
身につけたスキルはどの組み合わせは栄養が摂取しやすい、等勉強になることがたくさんありました。自分の娘が離乳食期で栄養や進め方について深く学びたいなと思ったのがきっかけです。
引用:「幼児食マイスターW資格取得講座」より
子どもに役立つだけではなく、資格も取得できて一石二鳥です。
引用:「幼児食マイスターW資格取得講座」より想像していたものより教材が少なくて驚きました。内容が易しかったので覚えやすかったのだと思います。子どもが生まれて離乳食を作りながら、幼児食に移り変わるタイミングや食材の量、レシピなどを学びたいと思いました。検索エンジンで上位に上ってたのでこちらに決めました。
通信講座はマイペースで学習できるため、仕事・家事・育児をやりながら資格取得できます。

4. 幼児食資格取得後の関連職業

幼児食を作る仕事としては、食品メーカーが販売している「離乳食」「幼児食」の製造のほか、保育園の調理師もあります。
そのほかにも、児童館・放課後クラブ・放課後デイサービスでも幼児食の知識を活かすことができます。
幼児食に関連した仕事や、紹介した幼児食資格の知識を活かせる仕事を簡単にご紹介します。

4-1. ベビーフードインストラクター

「ベビーフードインストラクター」の仕事は、ベビーフードの知識や正しい使い方を指導することです。
「自分の子どもにはどんなベビーフードが向いているのか」などの疑問や相談に対して専門的にアドバイスするのが「ベビーフードインストラクター」の役目です。
専門学校・スクールでの仕事のほか、食育に関するイベントなどにも参加します。

4-2. 幼児食マイスター

幼児の健康や成長をサポートする「幼児食マイスター」資格を取得すると就職が有利になります。
幼児食マイスターは幼児向けの食事について学び、栄養バランスのよい調理ができるプロフェッショナルです。
資格取得により、幼児食の開発や製造に関連した職探しを有利に進められる可能性があります。

4-3. 幼児教室教員

「幼児教室教員」には健康と美味しさを両立したメニューの考案が求められます。
「食育」「幼児食」に関する知識があれば「新しいメニュー作り」「既存の食事の改善」もできます。
幼児期の子どもに与える食事に悩む家庭は多いため、「幼児食」の専門知識を持った方は保護者にも喜ばれる存在になれるでしょう。

4-4. 管理栄養士

学校の給食センターや幼稚園の専属「管理栄養士」として働く場合は、幼児食の知識もしっかりと学んでおく必要があります。
児童の両親や職場の上司から、幼児食に特化したアドバイスを求められることもあるからです。
子どもの食育に関する不安や疑問を解決するため、幼児食の専門知識を資格取得で学んでおきましょう。

4-5. 保育士

保育士も子どもに関わる仕事のため、幼児食の知識は重要です。
例えばアレルギーを持っている子に既製品のおやつを与える場合、該当する食材が入っていないかを確認しなくてはいけません。
手作りする場合もアレルゲンが入らないように注意が必要です。

5. 幼児食資格を選ぶときのポイント

資格講座を受講する場合は以下の点に注意しましょう。

5-1. 資格更新料について

ほとんどの資格で更新料は必要ありませんが、更新料が必要な資格もあります。
1年後に更新料を払わなければせっかく取った資格が失効になってしまうため、ご注意ください。

5-2. 認定証の発行や受験料について

資格講座を見て安いと思っても、教材の送料・受験料・認定証の発行料金が別途必要になることがあるため事前にチェックしましょう。

5-3. 質問などのサポート体制

通信講座の場合、無料で質問ができるなどサポート体制についても確認が必要です。
金額だけを見るのではなく、添削課題の充実度や質問ができるサービスかどうかなど、サービスをしっかりチェックしましょう。

6. 幼児食資格の収入について

「幼児食資格」に関連した職業すべての年収が高いわけではありません。
食や子どもに関連した本業がある方は、その職業におけるスキルアップを目指すために資格取得を目指すのも手です。

7. まとめ

「幼児食」の資格は子育て中の方から、保育士・管理栄養士・学校の先生など多岐にわたる職業の方にまで役立ちます。
幼児が楽しく食事できる環境づくりや栄養バランスの取れた食事について学べるため、資格を持っていると子育て中の方をサポートするのにも役立ちます。
資格は目的に合ったものを選ぶことが大切です。
また費用だけではなく、サポート体制や口コミなども講座を選ぶポイントです。
気に入った講座が見つかったら、まずは資料請求してみましょう。

幼児食資格取得の通信講座  幼児食資格取得の通信講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA